容貌の醜い

26 の用例 (0.00 秒)
  • それはこの容貌の醜い若者にも、ひそかに彼が愛している部落の娘がいたからであった。 芥川竜之介『素戔嗚尊』より引用
  • とあたかも彼の容貌ようぼうしゅうなりしことが、最大の罪悪でありしがごとく述べた。 新渡戸稲造『自警録』より引用
  • それはこの容貌ようぼうみにくい若者にも、ひそかに彼が愛している部落の娘がいたからであった。 芥川龍之介『杜子春・南京の基督』より引用
  • その容貌の醜さもさることながら、助に瓜二つという因縁が恐ろしい。 明野照葉『輪(RINKAI)廻』より引用
  • あの容貌の醜い若者は、ちょうどこの五、六人の力競べのまっ最中へ来合わせたのであった。 芥川龍之介『杜子春・南京の基督』より引用
  • その容貌の醜さから悪魔の子とも噂された。
  • それまでに用いられてきた「容貌の醜い女」とは正反対である。 田中貴子『悪女伝説の秘密』より引用
  • あの容貌の醜い若者は、両腕を胸に組んだまま、しばらくは力自慢の五六人が勝負を争うのを眺めていた。 芥川竜之介『素戔嗚尊』より引用
  • あの容貌の醜い若者は、ちょうどこの五六人の力競ちからくらべの真最中へ来合せたのであった。 芥川竜之介『素戔嗚尊』より引用
  • 高天原たかまがはらの国の若者たちは、それ以来この容貌の醜い若者に冷淡をよそおう事が出来なくなった。 芥川竜之介『素戔嗚尊』より引用
  • あの容貌ようぼうみにくい若者は、両腕りよううでを胸に組んだまま、しばらくは力自慢の五、六人が勝負を争うのを眺めていた。 芥川龍之介『杜子春・南京の基督』より引用
  • 高天原たかまがはらの国の若者たちは、それ以来この容貌の醜い若者に冷淡をよそおうことができなくなった。 芥川龍之介『杜子春・南京の基督』より引用
  • ソクラテスは容貌のみにくい人で、世人せじんが彼を誹謗ひぼうするときは、必ずこの点を指摘した。 新渡戸稲造『自警録』より引用
  • 容貌の醜い若者はこの新しい遊戯を見ると、すぐに弓矢を砂の上に捨てて、身軽く河の流れを躍り越えた。 芥川竜之介『素戔嗚尊』より引用
  • みのるは自分の容貌の醜いのをよく知つてゐた。 田村俊子『木乃伊の口紅』より引用
  • それに口の利きかた、態度ものごしなどの垢抜あかぬけして、洗練されているのが彼女の容貌の醜さを救っていた。 横溝正史『青い外套を着た女』より引用
  • それでもまだ容貌の醜い若者は、快活な心もちを失わなかった。 芥川竜之介『素戔嗚尊』より引用
  • 自分の容貌の醜さを嘆く猿が、その詩の主題になっている。 山田正紀『神狩り』より引用
  • あの容貌の醜い若者は、ぼんやり手をつかねたまま、陽炎かげろうの中に倒れている相手の屍骸しがいを見下した。 芥川竜之介『素戔嗚尊』より引用
  • あの容貌ようぼうみにくい若者は、ぼんやり手をつかねたまま、陽炎かげろうの中にたおれている相手の屍骸しがいを見おろした。 芥川龍之介『杜子春・南京の基督』より引用
  • 次へ »

容貌の醜い の使われ方