容れる

全て 動詞
659 の用例 (0.01 秒)
  • 具体的な条件については、彼女の希望をできるだけ容れるつもりでゐる。 岸田国士『泉』より引用
  • 夜になるとあの魔法壜の中に水を容れて枕元に置かなければなりません。 牧野信一『趣味に関して』より引用
  • 彼女の愛を受け容れたが最後、そのまま教会へ拉致らちされそうな気がする。 丈月城『カンピオーネ! 01 神はまつろわず』より引用
  • それよりは皆なの意見をれて今しばらく伊東に滞在しておれ、とある。 島崎藤村『家』より引用
  • たとえその意見がれられても、学校があげて反対に出るおそれがあった。 ヒルトン/菊池重三郎訳『チップス先生さようなら』より引用
  • つまり升さんの忠告をれてこれを実行する勇気は私にはないのである。 高浜虚子『子規居士と余』より引用
  • 君がエリカ嬢の求愛を素直に受けれられない理由はあれと同じなのだ。 丈月城『カンピオーネ! 03 はじまりの物語』より引用
  • ところが父親は非常に厳格な人で、娘のそのような気持を受けれない。 大阪圭吉『灯台鬼』より引用
  • そこで彼の意見をれ、仕事の返事をしばらく保留することにしたのだ。 沢木耕太郎『一瞬の夏』より引用
  • そんな運命を、私が喜んで受けれると思ってもらっては不本意である。 田中芳樹『薬師寺涼子の怪奇事件簿07 霧の訪問者』より引用
  • やはり、自分たちの考えはこの地上では、受け容れられないものだった。 近藤史恵『凍える島』より引用
  • 冷静に敗北を受け容れ、万人が想像もしなかった方法で責任をとった。 田中芳樹『タイタニア3 旋風篇』より引用
  • あの文書の真実性は疑いを容れ得ないという事実から彼は出発した。 ヴェルヌ/大久保和郎訳『グラント船長の子供たち(下) 地の果ての燈台』より引用
  • それが、安心したような笑顔で受け容れられたので、私は気持が挫けた。 豊島与志雄『道化役』より引用
  • しかし女の愛情を受けれるような姿だけは見せなくてはならない。 石川達三『青春の蹉跌』より引用
  • 彼の申し出は受け容れられなかったが、この発見の噂はひろがっていた。 ヴェルヌ/大久保和郎訳『グラント船長の子供たち(中) 地の果ての燈台』より引用
  • 感官を通して受け容れられる世界は私の意志の左右し得ぬものである。 三木清『認識論』より引用
  • 香澄にその条件を告げたとしても、彼女が受け容れることは判っていた。 森村誠一『分水嶺』より引用
  • 彼女もパリの住民に受けれられているとは思えないのであった。 辻井喬『いつもと同じ春』より引用
  • 自分の主張がれられず、不満をもっている将軍に兵を預けたことになる。 陳舜臣『秘本三国志 04 (四)』より引用
  • 次へ »