家へ歸つて來

17 の例文 (0.00 秒)
  • 町を一じゆんして家へかへつて來る頃には、彼はもう坂の中で轉んだことをわすれてゐた。 ...
  • さうして家へ歸つて來る途中毎に、親爺が死んでゐてくれゝばいゝと思つた。 ...
  • 家へ歸つて來ると、何の理由もなく私は机の邊を片附けた。 ...
  • 夜更けて闇の中を家へ歸つて來ると 室で澤山人が話して居る。 ...
  • 急いで家へ歸つて來る途中で もう暗かつた。
  • いつしよになつてから七年目に由藏夫婦は船頭を止めて村の親爺の家へ歸つて來なければならなくなつた。 ...
  • 彼は夜更けて家へ歸つて來た。 ...
  • 自分達が死んでも尚生きてそこにあるにちがひない、 大きな樹の下を默つて通つたり、 道惡を山羊のやうに跳ねて飛び越したり 小便をして遲れた友を一人殘して 行き過ぎてからうしろから馳けて來るのに氣がついて待つたり その晩家へ歸つて來ても自分は 更くるまで一人で起きて居た。 ...
  • しかし、僕はいま他の仕事を控へてゐて、そんな八ヶ月はおろか、その三分の一ほどの閑暇さへちよつと得られさうもないので、家へ歸つて來てからも二三日そんな心を外へそらせるのに手古摺つた位でした。
  • いよいよ共にふるさとの家へ歸つて來て、私たちは先づ臺所の石の爐ばたに向ひあつてあぐらをかいて、それからきよろきよろとうちの中を見わたしたのである。 ...
  • 目黒在の順八の親の家へ行つて聽くと、先月の末十日ばかり、順八は不意に家へ歸つて來て、要りもしないのに、百姓の手傳てつだひなんかして行つた相です。
  • 家へ歸つて來ると、其處に待つて居たのは、苦蟲を噛みつぶした、三輪の萬七とお神樂の清吉です。
  • この美しい畫集も、戰地を少しでも明るく彩色してくれるにちがひ無いと思ひ、勇んで家へ歸つて來ましたところ、戰地からの繪葉書が一枚、机の上に載つてありました。 ...
  • そして下女のお源は達者で依怙地いこぢな中年女といふ印象を受けた外に、何んの手掛りも手繰たぐれず、その日の夕刻にぼんやり明神下の錢形平次の家へ歸つて來ました。 ...
  • けれども變な氣持ちは、彼れの頭を押し付けるやうで、肝心の羊羮を盜むことを忘れたまま、ぼんやりと家へ歸つて來た。 ...
  • つゆは、神田の方へ上つて行つたり、澁谷の方へ行つたりして、方々を迷ひながら、十二時頃、這ふやうにして、吉祥寺の奧の下連雀の家へ歸つて來た。 ...