家の夜会

16 の用例 (0.00 秒)
  • 実際彼がいなくても、マンハイム家の夜会には大きな穴があかなかった。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • 彼もまた口実を設けてストゥヴァン家の夜会へ招待されたのを断わった。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • そして彼女は人づきが悪かったにもかかわらず、ナタン家の夜会へも一、二度出席をいられた。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • 彼女は叔母おばの家の夜会で初めてクリストフに会った。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • トボリスクの長官の家の夜会で、部屋の隅に一人腰かけて、自分を紹介している長官の話に耳を傾けている貴族出の流刑囚の顔であった。 井上靖『おろしや国酔夢譚』より引用
  • オリヴィエと二人きりにならないために、クリストフは珍しくも、ルーサン家の夜会に行ったのだった。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • 彼は少しでも心をまぎらして不快な印象を免れたいものと考えて、ある友人の家の夜会へ出かけていったが、そこには相当の人数が集まっており、なおさいわいなことに、それがいずれもほとんど自分と同等の身分の者ばかりであったので、彼は少しも固苦しい思いをする必要がなかった。 平井肇『外套』より引用
  • その夜ドリアンはナルポウロ家の夜会に出席したが遉に心は鉛の如く重たく沈んで少しも浮き立たなかった。 渡辺温『絵姿』より引用
  • 彼は、わたくしの家の夜会にかならずつらなる、なくてはかなわぬひとで、集まる客の皆から大いに尊敬されていた。 マン/佐藤晃一訳『トーマス・マン短編集2』より引用
  • 君の家の夜会に、今度は誰々が呼ばれてゐるといふことや、君の「スワン」が、最近スカンヂナヴヤ語に訳されるといふことや、そんなことまで残らず知つてゐた。 岸田国士『序文』より引用
  • サロンでマチルドを見かけたが、彼女は兄やド・クロフズノワ氏に、スュレーヌのド・フェルヴァック元帥夫人の家の夜会へ行かないでくれとしきりに頼んでいた。 スタンダール/大久保和郎訳『赤と黒(下)』より引用
  • ルーサン家の夜会の翌朝、クリストフが眼をましながら第一に考えたのは、オリヴィエ・ジャンナンのことであった。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • ロンドンにおいて、モシェレスは並みの有名演奏家やロスチャイルド家の夜会の音楽監督などではなく、サー・ジョージ・スマートとロイヤル・フィルハーモニック協会のかけがえのない助言者となっていた。
  • コール家の夜会、クラウン亭での舞踏会などなど。 オースティン/ハーディング祥子訳『エマ(下)』より引用
  • ミラムボオ家の夜会は、アンドレにはこれ以上退屈だった、客間は広かった、租先の肖像画が壁にずらりと並んでいる中に、一つ、キブロンに於けるミラムボオ銃殺の図があった。 レニエ『燃え上る青春』より引用
  • その後語り手はヴェルデュラン家の夜会に赴く。