家の墓所

101 の用例 (0.00 秒)
  • 金家の墓所であるが、金敬文がその下に眠っているわけではない。 高井有一『立原正秋』より引用
  • そこがこの家の墓所であることも知っているだろう。 綾辻行人『暗黒館の殺人(上)改訂06 02 08』より引用
  • 田や畑のそばにもよく咲いていて、母は大木家の墓所にもこの草を植えました。 平岩弓枝『御宿かわせみ 23 源太郎の初恋』より引用
  • この教会は長らく、ラーフェンスベルク伯家の墓所として用いられていた。
  • 松本家の墓所は芝伊皿子・大円寺であったが、谷中霊園に移されている。
  • この地下聖堂は、この他に、ホーエンローエ家の墓所にもなっている。
  • 大川の家の墓所は川を渡った水口から東山に入ったところにある。 小野不由美『屍鬼(下)』より引用
  • 遺構として鈴木家の墓所がある端林寺には代官所正門が移築現存している。
  • 本堂の裏山は沢村家の墓所で、初代以下第十三代までの五輪塔が並んでいる。
  • 浦登家の墓所であるというあの建物から出てきたらしかった。 綾辻行人『暗黒館の殺人(上)改訂06 02 08』より引用
  • 家を抜け出し、自転車を駆って林道へ向かい、本橋家の墓所に向かった。 小野不由美『屍鬼(下)』より引用
  • 境内にある松江藩主・松平家の墓所は国の史跡に指定されている。
  • 菩提寺は八橋陣屋そばの体玄寺、現在も津田家の墓所が存在する。
  • 彼の遺骸はザンクト・マルティンにあるアルコ伯爵家の墓所に埋葬された。
  • なおこの宅址の地から少し山へ登って行くと、宮本家の墓所がある。 吉川英治『随筆 宮本武蔵』より引用
  • 中庭に作られたあの祠のような建物の地下は、浦登家の墓所になっているのだという。 綾辻行人『暗黒館の殺人(上)改訂06 02 08』より引用
  • 徳島藩主蜂須賀家の墓所があることで知られ、墓所は国の史跡に指定されている。
  • 氏家喜助の妻玉枝の墓は、福井県南条郡竹神村の氏家家の墓所にある。 水上勉『雁の寺・越前竹人形』より引用
  • 九鬼家の墓所は、山門から本堂の方向を見た時、左手にある山裾を進むとある。
  • 頼家の墓所は単に塔の峰の麓とのみ記憶していたが、今また聞けば、ここを指月ヶしげつがおかと云うそうである。 岡本綺堂『綺堂むかし語り』より引用
  • 次へ »

家の墓所 の使われ方