家の地所

28 の用例 (0.00 秒)
  • 電話に出ないのなら山に入っているのだろうが、念のためにと村迫家の地所に入った。 小野不由美『屍鬼(上)』より引用
  • やがて黄家の地所に入り、あれしかないだろうという広大な邸に辿り着いた。 酒見賢一『泣き虫弱虫諸葛孔明』より引用
  • ここらは皆土井家の地所なので、向い側は広い馬場になっていました。 小金井喜美子『鴎外の思い出』より引用
  • 木山家の地所を湧谷一家は譲って貰い、そこに住んでいるのであった。 深田祐介『暗闇商人(下)』より引用
  • 世間もまた、才谷が坂本家の地所であることを忘れ果てている。 半村良『産霊山秘録 下の巻』より引用
  • 裏は低いがけになつて、その上が墓地のやぶになつてゐるが、この家の地所もやはり寺の所有なのであつた。 葛西善蔵『哀しき父』より引用
  • 彼の父アルベルト・パフルスキがフォン・メック家の地所の1つを管理していたが、それが関係しているのか、前後関係も不明である。
  • ノヴォシリ地区のゴルン村は、ロシアの大貴族ガリツィン家の地所のあった場所である。
  • 家の地所に車を入れると駆け寄ってくる。 小野不由美『屍鬼(上)』より引用
  • 町の近くにはミハイル・レールモントフを輩出したレールモントフ家の地所があり、歴史的な建物などが残る。
  • 大川家の地所の下にある石段に腰を下ろすと、村迫の家が真向かいで、村迫家の下に止まったパトカーと、その側に立ったふきが二人ほどの捜査員と話をしているのが目に入った。 小野不由美『屍鬼(上)』より引用
  • 深い溜息をついて武藤家の地所に入った。 小野不由美『屍鬼(上)』より引用
  • 区画の整理後、旧地主階級きゅうじぬしかいきゅうの人々がしゅう じゅうするようになった東部の、通称『旧住宅地』全てが、本来は佐藤家の地所じしょだったことでも、その威勢いせいの強さを容易に察することができる。 高橋弥七郎『灼眼のシャナ 第08巻』より引用
  • 皇太子はセーラの誘いを受けて11月にもスペンサー伯爵家の地所オルソープを訪問した。
  • 近隣のプリャムチノ村には、邸宅・聖堂・庭園などを備えたバクーニン家の地所が残る。
  • むろん、萱野家の地所を借りてゐる面々の会といふ意味を、なんでも一緒に、「さうせんかい」と洒落たつもりである。 岸田国士『荒天吉日』より引用
  • また近郊にはレフ・トルストイの生まれ育ったトルストイ伯爵家の地所があり、生涯を過ごした居宅ヤースナヤ・ポリャーナは博物館となってトゥーラ州随一の観光地となっている。
  • 夫妻は新婚旅行でまずアメリカに渡り、バーモント州ブラトルボロに近いボレスティア家の地所にも滞在し、次に日本に向かった。
  • 丸山の阿部家の地所だと云ふことは明であるが、修辞して嚢里と云つた、もとことばは何であらうか。 森鴎外『伊沢蘭軒』より引用
  • 父のお友だちといっては、漂泊のロマの一団だけで、ロイロット家の地所として残っているわずか数エーカーほどの茨の茂った土地で、野宿してよいと言ってあるそうです。 ドイル・アーサー・コナン『まだらのひも』より引用
  • 次へ »