家の周囲

300 の用例 (0.00 秒)
  • 桜花から話を聞こうとして、家の周囲には取材陣が殺到したのだった。 岩田洋季『月の盾』より引用
  • 其の時うちの周囲に眼をやっていたお米がお露の方を見た。 田中貢太郎『円朝の牡丹灯籠』より引用
  • あたしそれと同じ咳払いを、何度も夜、家の周囲まわりで聞いたんですわ。 横溝正史『青い外套を着た女』より引用
  • やがて、家の周囲と塀の内側までの余分にあった敷地を木が覆った。 乙一『GOTH リストカット事件』より引用
  • 完全自給自足生活では、食料は野・山・川・海・家の周囲の畑などで入手する。
  • 風が激しくなって家の周囲で異様なうなり声をあげていた。 クリスティ/小西宏訳『「ポワロ参上!」1』より引用
  • 家の周囲に井戸はないが数十歩離れた場所に小川が流れている。 黒岩重吾『白鳥の王子 ヤマトタケル 4 東征の巻(上)』より引用
  • 羽室家の周囲は闇が落ちると同時に、通行人の姿がばったりと絶えた。 森村誠一『ファミリー』より引用
  • 僕らは家の周囲にしのびよって、窓の隙き間から中を覗いてみようとした。 レマルク/蕗沢忠枝訳『西部戦線異状なし』より引用
  • 武装した護衛兵と、他に幾人かの夜警が、徹宵家の周囲に就いている。 中島敦『光と風と夢』より引用
  • そんな時、家の周囲に刑事がウロついていたら相手の人気にさわる。 西村京太郎『殺しのバンカーショット』より引用
  • そんな時は、波津子は家の周囲を猫たちの名を呼びながら歩く。 塩田丸男『天からやって来た猫』より引用
  • 三男の土地は、土の家の周囲にあるすこしばかりの畑以外は全部売ることにした。 パール・バック/大久保康雄訳『大地(2部)』より引用
  • 家の周囲には溝などを掘って雨が入らないようになっている。 黒岩重吾『白鳥の王子 ヤマトタケル 1 大和の巻』より引用
  • 北二丁目二九二九番地の家の周囲には、田舎のことだが、物見高い。 牧逸馬『アリゾナの女虎』より引用
  • ハナコ一匹のために家の周囲は猫たちの戦場であった。 山本道子『ベティさんの庭』より引用
  • 鶏小屋に板の覆いをして、家の周囲の風に吹き飛びそうなものを片付ける。 坂東眞砂子『身辺怪記』より引用
  • この家の周囲は畑に続いていたはずだ。 平岩弓枝『江戸の娘』より引用
  • 家の周囲は三年前と少しも変わらない。 横溝正史『悪魔の設計図』より引用
  • 玄関が開けられるのを待つあいだ、史郎は池上家の周囲をぼんやりと眺めていた。 小川勝己『葬列』より引用
  • 次へ »

家の周囲 の使われ方