家の周囲

300 の用例 (0.00 秒)
  • 部下の一人が、家の周囲に煙草の吸殻が落ちていると報告してきたのだ。 堀ノ内雅一『指紋捜査官 「1cm2(平方センチ)の宇宙」を解き明かした男の1万日』より引用
  • 私は夫人のうしろに従って車から降りると、まず家の周囲を歩いてみた。 大倉燁子『恐怖の幻兵団員』より引用
  • どんなものが家の周囲に住んでいるか、たまにはしっかり見てみればいい。 養老孟司『涼しい脳味噌』より引用
  • 彼の心は、家の周囲に満ちている不可解な音に気をとられていたのだ。 浅野誠『ビジネスマンの精神病棟』より引用
  • 川平家かわひらけの周囲は欺瞞ぎまんに満ちていたと言っても差し支えないかも知れない。 有沢まみず『いぬかみっ!07』より引用
  • まるで家の周囲で浮浪者か何かがうろつき廻ってでもいるみたいだった。 モーパッサン/榊原晃三訳『モーパッサン怪奇傑作集』より引用
  • 即ち家の周囲の土地については、家の所有主は各特別の利害関係を有する。 穂積陳重『法窓夜話』より引用
  • 家の周囲をめぐって、庭にあるはずの新たな証拠を見に行きましょう。 三上於菟吉『踊る人形』より引用
  • 家の周囲は築地ついじをめぐらしてあって、その広さも大名屋敷並みであった。 平岩弓枝『御宿かわせみ 09 一両二分の女』より引用
  • 僕一人だけは、祖母の霊が家の周囲にいるように思われてしかたがないのだ。 水木しげる『ねぼけ人生』より引用
  • 現在のところ、竜堂家の周囲はまだ機動隊に包囲されてはいない。 田中芳樹『創竜伝 第04巻』より引用
  • 祖母の家の周囲には、私になじみの深い柿の木が十何本も数へられた。 牧野信一『蔭ひなた』より引用
  • 其処は小さな聚落で家の周囲まわりにれの樹を植えた泥壁の農家が並んでいた。 田中貢太郎『竇氏』より引用
  • その相手の家の周囲を今し方、彷徨うろついて来た事も偶然とは思えなかった。 平岩弓枝『江戸の娘』より引用
  • 外には木枯しが吹き渡り、家の周囲には、荒寥こうりょうとした畦道あぜみちが続いている。 萩原朔太郎『郷愁の詩人 与謝蕪村』より引用
  • 家の周囲に張り巡らせた警報装置は、侵入者のないことを示している。 菊地秀行『妖戦地帯2 淫囚篇』より引用
  • 二方を山にふさがれた家の周囲には、すでに淡いやみが降りてきている。 坂東眞砂子『葛橋』より引用
  • この兄弟のうち周囲まわりには釣竿つりざお一本売る店がありませんでしたから。 島崎藤村『二人の兄弟』より引用
  • 僕は玄関から離れ、家の周囲を回るようにして、開いている窓を探す。 西尾維新『猫物語(黒)』より引用
  • 強い風が家の周囲を吹きめぐり、煙突の中で吠え声をあげていました。 エミリー・ブロンテ/岡田忠軒訳『嵐が丘』より引用
  • 次へ »

家の周囲 の使われ方