家の召使

36 の用例 (0.00 秒)
  • 女達の言葉から察して、芳一はそれが高貴な家の召使である事を知った。 戸川明三『耳無芳一の話』より引用
  • 現に、小田家の召使は、主人が妻をった所を数回見たというのです。 浜尾四郎『彼が殺したか』より引用
  • クルトミュー家の召使がメディ叔母のところへ寄って来たところだった。 ガボリオ/松村喜雄訳『ルコック探偵(下)』より引用
  • その頃にはフォレスティヤ家の召使たちが帰って来ていた。 モーム/田中西二郎訳『幸福』より引用
  • こんどの使いは、長岡家の召使ではなく、船島からかに来た藩士であった。 吉川英治『宮本武蔵』より引用
  • 家の召使たちのあいだにも、この時はげしい動揺がおこっていた。 トルストイ/中村白葉訳『アンナ・カレーニナ(中)』より引用
  • その前の晩、その婦人と話し合っているところへ、その家の召使がドアをノックしたのだそうです。 ガードナー/能島武文訳『義眼殺人事件』より引用
  • これはどこかの家の召使である。 モーム/田中西二郎訳『ロータス・イーター』より引用
  • この付録はコンプソン家の召使を務めた黒人一家を列挙することで終わっている。
  • 馮婆が十三の女の子を五両で、もうひとりは、おう家の召使のかみさんを十両で買ったという話をした。 作者不詳/富士正晴訳『金瓶梅(上)』より引用
  • また強盗に伴った殺害もきわめて少なく、特に襲った家の召使らを傷つけることはなかった。
  • こう|一人《ひ と り》の男に何でも言いつけるところをみると、この家の召使はあの男だけだな。 エミリー・ブロンテ/大和資雄訳『嵐が丘』より引用
  • その家の召使たちとは直接には何の交渉ももたぬし、顔をあわせることさえないから、心づけも好きな時に好きなようにやるだけだ。 ルソー/桑原武夫訳『告白(下)』より引用
  • それにまたホワイト・ファングは、早くから、家族の者と家の召使とを区別するようになっていた。 ロンドン/山本政喜訳『白い牙』より引用
  • 彼はドンゴ家カサ・デル・ドンゴの召使に身をやつしていたので、たくさんいる警察や税関の職員もひとりとして彼に旅券を求めようなどとは思わなかった。 スタンダール/大久保和郎訳『パルムの僧院(上)』より引用
  • 父はその男をこう荒っぽく叙述しておいて、その男とその家の召使とがある関係に陥入おちいった因果をごく簡単に物語った。 夏目漱石『行人』より引用
  • 悦生は家の召使に案内され、封禄ほうろくを供につれて邵伯湖へいった。 駒田信二『好色の勧め』より引用
  • おそわれた豪族の家の召使たちまでも一人々々調べてみたが、ついにわからずじまいだったという。 駒田信二『中国怪奇物語〈神仙編〉』より引用
  • 源氏を遠くから知っているほどの人でもその美を敬愛しない者はない、情趣を解しない山の男でも、休み場所には桜のかげを選ぶようなわけで、その身分身分によって愛している娘を源氏の女房にさせたいと思ったり、相当な女であると思う妹を持った兄が、ぜひ源氏の出入りする家の召使にさせたいとか皆思った。 与謝野晶子『源氏物語』より引用
  • 父はその男をこう荒っぽく叙述じょじゅつしておいて、その男とその家の召使とがある関係に陥入おちいった因果いんがをごく単簡たんかんに物語った。 夏目漱石『行人』より引用
  • 次へ »