家に寄る

54 の用例 (0.00 秒)
  • 途中、鈴木五郎の家に寄っていっしょに学校へ行こうと思ったのだった。 光瀬龍『明日への追跡』より引用
  • 学校に行く途中、藤ねえの家に寄って家政婦さんの手配をしてもらった。 奈須きのこ『Fate/stay night 桜 Heavens Feel NormalEnd 櫻の夢』より引用
  • 仕事の後、遅い時刻だったが、いったん家に寄ってから大学へ向かった。 畠中恵『とっても不幸な幸運』より引用
  • おととし、アメリカから帰ってきて以来、家に寄ったのは二度しかない。 つかこうへい『愛人刑事』より引用
  • 二軒しかない上手の方の家に寄り込んで米を出して昼食を炊いて貰った。 木暮理太郎『奥秩父の山旅日記』より引用
  • 先日も、彼の遺体を引き取りにきたときは、わたしの家に寄っていった。 荒巻義雄『「新説邪馬台国の謎」殺人事件』より引用
  • それとは別に彼の家に寄っていった馴染みもない人たちに託して送りもした。 スタンダール/大久保和郎訳『赤と黒(上)』より引用
  • ああ、そうだ、今度病院をけだしたら家に寄って機械油を持ってこよう。 橋本紡『半分の月がのぼる空 第03巻』より引用
  • その日、彼女の家に寄り、彼女のつれあいもいっしょになって一杯やった。 灰谷健次郎『アメリカ嫌い』より引用
  • ここからの帰りにあの人が、高野さんの家に寄らないはずがないって。 東野圭吾『予知夢』より引用
  • 沙綾の家に寄ったあと、自分のアパートに帰って弁当で夕食を済ませた。 浜崎達也『絶対少年 ~神隠しの秋~穴森 携帯版小説 第01 06章』より引用
  • 友人の家に寄り《ちょっと一杯》のつもりで飲んでしまったのが間違いだった。 山際淳司『スローカーブを、もう一球』より引用
  • 正確にいうと、会社の帰りに伯父おじの家に寄り、そこを出てきたところだった。 星新一『ごたごた気流』より引用
  • この先生とは個人的な交流ができ、家に寄ったり、本を借りたりしたこともある。 後藤正治『リターンマッチ』より引用
  • 宇野浩二氏の家に寄ったが留守で、奥さんに『東橋新誌』をおいて帰る。 高見順『敗戦日記』より引用
  • 正ちやんは体操の帰りに僕の家に寄り終日遊んで行くのが習慣だつた。 牧野信一『魚籃坂にて』より引用
  • 浮浪者ふろうしゃいちや道ばたの家にって、何度なんどかわたしをろうとしました。 ロフティング『ドリトル先生物語11巻 ドリトル先生と緑のカナリア』より引用
  • 自分の家に寄って、靴を借りていけというミケに梨緒は首を左右にふった。 北沢慶/山本弘/友野詳『妖魔夜行 暗き激怒の炎』より引用
  • 今日は学校の帰りに崩月ほうづき家に寄り、師匠ししょうに事後報告をしなければならない。 片山憲太郎『紅 第01巻』より引用
  • 海水浴に皆と江ノ島に行った帰りに鎌倉のリサの家に寄ったことがあったろ。 高橋克彦『即身仏(ミイラ)の殺人』より引用
  • 次へ »

家に寄る の使われ方