宣れ

全て 動詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • お葉となのっている女猿廻しは、お八重にとってはよい加担者であった。 ...
  • 本居宣長によると、宣命とは命を受け伝えて宣り聞かせることをいう。 ...
  • 呪言を唱へかけて争うたのが、段々固定して、家と名とをる様になつた。 ...
  • ところがこれからはみんな天父の教えを知悉したのだからしもべとはいわぬ友と呼ぶと仰宣おっしゃったのだ。 ...
  • 本名を宣るものだろうか、それとも、偽名を使ったものだろうか? ...
  • 此神意をる呪詞を具体化するのは、唯伝達し、執行するだけであつた。 ...
  • 眠いだの疲れただのとのたまっていた男が、女の顔を見た途端にこれだ。 ...
  • 又文久年間には、高倉たかくら三位となのる公卿が、贋勅使として入り込んで来た。 ...
  • 生者に宣ることを原則としてゐる点から見れば、国語を以て表現した詔旨といふことになる。 ...
  • 宣る時の神事様式を示す語で、詔旨を宣べる人の座をして言つたものらしい。 ...
  • これは 命を宣るという意味であった。 ...
  • 声爽こゑさはやかにらせたまへば、不思議ふしぎやこのこまおほいなるつばさはやしける。
  • そして天兒屋命をして其の解除の太諄辭を掌りて宣らしめき、とある。 ...
  • そこで初めて私は、なのりを上げたものでございます。 ...
  • 法令ノリの古い形は、かうした方法でり施された物なることが知れる。 ...
  • 学校友達と名宣なのりし客はそのことばの如く重ねてぬ。 ...
  • そして其お言葉が宣られることに依つて、すつかり、時間が元へ復るのである。 ...