実生苗

27 の例文 (0.00 秒)
  • 日本では明治頃から富豪の屋敷で栽培が始まり、細々と実生苗が出回った。 ...
  • 実生苗や若い個体は洪水によって冠水した状態では長く生存できないという研究がある。 ...
  • 夏の極端な高温と乾燥は実生苗の大量死の原因となることがある。 ...
  • 採種後乾燥させることなく直ちに播種することにより容易に実生苗が得られる。 ...
  • 分布北限周辺では低温による損傷が多く、若い実生苗では大量死につながっている。 ...
  • 実生苗が親株と比較して相当小さく、生育にかなりの手間を要するためである。 ...
  • 地生ランとしては種子発芽の容易な種類であり、栽培下でも隣の鉢植えに実生苗が発芽してくることがしばしばある。 ...
  • 森林での条件において実生苗は最初の3年間は成長が遅いが、4年目と5年目には早くなり始める。 ...
  • 一年で枯れる土地の場合、実生苗のみだと樹高は60cm程度、宿根状態になる場合でも1mほどににしかならず冬に地上部は全て枯れ落ちる。 ...
  • また、初期に販売されていた苗木に、成長が遅かったり結実性が悪い個体が多かったことも普及を妨げた一因となったが、これらは当時の粗悪な実生苗によるもので、最近は自家結実し食味の改良された個体が導入されている。 ...
  • しかし人工交配により得られた種子を自生地に播く、いわゆる「山播き」をすれば実生苗が得られることが趣味家の間で経験的に知られている。 ...
  • 流通している苗を入手することも出来るが、種子の発芽率が比較的高いので、市販されている果実から取り出した種子を撒くだけで容易に実生苗を得られる。 ...
  • 産地の異なる品種の種子が播かれることによって分布域が攪乱されることが危惧されるが、実生苗は播種者以外からも採取されてしまうので野生化する余地がなく、現実的な問題はおきていない。 ...
  • ところが、コチョウランではメリクロン苗が普及しておらず、繁殖には実生苗に依存している。 ...
  • 干ばつは多くのリギダマツの実生苗を殺してしまう、特に2年生以下の若い苗は感受性が強く被害にあいやすい。 ...
  • ある研究によれば、火災で焼けておらず厚いリターのある場所では7月の時点で実生苗はほとんど見られなかったが、似たような地域で種子が散布される前の9月に激しい火災があった場所では、1 haあたり16000本から56000本もの実生苗が見られた。 ...
  • 工事着工前の段階で既存樹から採取した実生苗の育成状況で、枯損のリスクと費用のかかる大径木の移植を極力おさえ、その分、若い後継樹を新たな植栽地で健やかに育つよう考えられた。 ...
  • 次へ