定型的縊死

10 の例文 (0.00 秒)
  • にもかかわらず死んでいるのは、定型的縊死は窒息死ではないことを物語っている。 ...
  • これを定型的縊死といい、窒息する非定型的縊死と区別している。 ...
  • このような経過で死亡するのを非定型的縊死といって、ひものかかり方が左右対称性でないとか、足が床について全体重がひもにかからないような場合などをさす。 ...
  • 縊死の場合は、簡単に分けて定型的縊死と非定型的縊死がある。 ...
  • 悟二朗の死体は、足が地面についてないいわゆる宙吊りの状態であり、これは定型的縊死いしと呼ばれる。 ...
  • しかし、法医学の教科書は定型的縊死をいまだに窒息の項に入れて論じている。 ...
  • 定型的縊死の場合は、頚部を吊り下げた状況から、典型的な顔面蒼白と下肢に死斑がみられる。 ...
  • 定型的縊死の場合は、首が斜め上方から強く引っ張られるため、頸動脈と椎骨動脈の両方がいっぺんに塞がれ、頭部に血液が送られることはなく、鬱血することはほとんどないわけである。 ...
  • 顔面のうっ血や溢血点はなく、定型的縊死であった。 ...