宙を駆ける

20 の用例 (0.00 秒)
  • 加藤の体はたしかに宙を駆けていた。 荒俣宏『帝都物語6』より引用
  • 宙を駆ける獣の足元には、虚海を越えた夜と同じように夜景が広がっている。 小野不由美『十二国記 02 月の影 影の海(下)』より引用
  • 喜んだ下士官は、自分の馬を引き出すために宙を駆けていった。 田中芳樹『アップフェルラント物語』より引用
  • しかし呪われた獣は、痙彎しながら宙を駆け、頭から地に激突した。 R・E・ハワード『冒険者コナン』より引用
  • 人はみんな宙を駆けて一日に千里でも走る。 小野不由美『十二国記 02 月の影 影の海(下)』より引用
  • 刀身を取り巻いていたやみのオーラが、そのまま鋭いやりへと変じて宙を駆ける。 川原礫『アクセル・ワールド 09 -七千年の祈り-』より引用
  • 國子は蔦を取って宙を駆けていくではないか。 池上永一『シャングリ・ラ 上』より引用
  • 富子ちゃんは宙をけて女のほうにすべり寄った。 小野不由美『悪霊シリーズ 2 悪霊がホントにいっぱい!』より引用
  • 体の向きを変えながらちゅうを駆けるレイフォンは、背後の気配まで退しりぞいていくのを感じた。 雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス10 コンプレックス・デイズ』より引用
  • 高らかに笑って宙を駆けるだけで山全体が揺れ、何人もの犬神使いぬかみつかいや犬神が簡単に吹き飛ばされた。 有沢まみず『いぬかみっ!08』より引用
  • 宙をけるとらを使って、彼女は必ず正門から出入りする。 小野不由美『十二国記 06 風の万里 黎明の空(上)』より引用
  • 彼らの多くは空飛ぶ馬にまたがり、宙をけていた。 山本弘『妖魔夜行 戦慄のミレニアム(下)』より引用
  • 宙を駆け上がるなどできるはずもない。 雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス02 サイレント・トーク』より引用
  • それは馬に変じたケルピーとともに宙をけた。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第05巻 呪いのダイヤに愛をこめて』より引用
  • まだ生き残っていた悪魔あくまの軍を引き連れ、マルコシアスにまたがって宙をけている。 山本弘『妖魔夜行 戦慄のミレニアム(下)』より引用
  • 停止しているのは寝ているときだけで、誰にも見えない尻尾を振って宙を駆け巡り、誰も存在を知らないコードを食い散らかす。 桜坂洋『よくわかる現代魔法 第06巻 Firefox!』より引用
  • 獣は高度を増して宙を駆ける。 小野不由美『十二国記 01 月の影 影の海(上)』より引用
  • それらのエフェクトすらも後方に置き去りにするスピードで、漆黒の刃は宙を駆ける。 川原礫『アクセル・ワールド 黒の双剣、銀の双翼』より引用
  • その響きが、宙を駆けるコナンの足に翼を与えた。 R・E・ハワード『風雲児コナン』より引用
  • 鳥の雛は飛ぶことを知らないが、麒麟は生まれながらに宙をける方法を知っている。 小野不由美『十二国記 03 風の海 迷宮の岸(上)』より引用