宙を飛ぶ

140 の用例 (0.00 秒)
  • それは長く長く尾を引きつつ宙を飛んで、五メートルも向うに着地した。 菊地秀行『吸血鬼ハンター12d D-邪王星団4』より引用
  • どこの世界に犬小屋が宙を飛ぶなどという珍現象ちんげんしようが起こり得るだろうか。 井上ひさし『ドン松五郎の生活』より引用
  • こうして、この祭りの日、人の首にも似た鳥毛は宙を飛び続けるのだ。 坂東眞砂子『身辺怪記』より引用
  • 余が軽く腕を振ると、男の身体は宙を飛んで、ガラスの障壁に衝突した。 田中芳樹『創竜伝 第02巻』より引用
  • 千二は、その丸木に手をとられて、おなじく宙を飛んで行くのであった。 海野十三『火星兵団』より引用
  • 宙を飛んだ衝撃でマスクが剥がれ、まだ若い男の顔が空をにらんでいる。 菊地秀行『吸血鬼ハンター02 風立ちて“D”』より引用
  • 掴みかかっていった壮士の身体が宙を飛んで、池に落ちて水音をたてた。 夢枕獏『東天の獅子 第二巻 天の巻・嘉納流柔術』より引用
  • 城下士の子弟の一人が引きずられるように宙を飛んで川の中に落ちた。 山下洋輔『ドバラダ門』より引用
  • 宙を飛んで来る短剣を梨で受ける時に、娘が小さく動いていることを。 夢枕獏『沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ四』より引用
  • バジルがちゅうを飛ぶところは、速すぎて客達の目にはほとんど見えなかった。 吉野匠『レイン5 武闘会、開幕』より引用
  • 彼は宙を飛び、彼の体は太陽のごとく光り輝いているとのことです。
  • だけどそれらの物は宙を飛んでくるのではなく、畳の上を転がってくるのです。 赤瀬川原平『少年とオブジェ』より引用
  • しかしバイクは横倒しになって、乗っていた少年の身体は宙を飛んだ。 鷺沢萠『海の鳥・空の魚』より引用
  • 老人ろうじんつえると、二人はちゅうんで、すぐにその高い山の上にきました。 豊島与志雄『強い賢い王様の話』より引用
  • その雪の壁めがけて、私は風を切って宙を飛んでいるのであった。 イネス/池央耿訳『孤独なスキーヤー』より引用
  • 浩介はけむりき、数メートルほどちゅうび、地面に叩きつけられた。 賀東招二『フルメタル・パニック!短編集08 悩んでられない八方塞がり?』より引用
  • 八五郎に間違いがあったと見て、平次はそのまま宙を飛びました。 野村胡堂『銭形平次捕物控 15』より引用
  • 酒の勢いで宙を飛ぶようなオコシップの元気なら、たったひと呼吸だ。 上西晴治『十勝平野(上)』より引用
  • 宙を飛んでいった頭は、ドサリという気味の悪い音をたてて数マイル先に落ちた。 エディングス『ベルガリアード物語2 蛇神の女王』より引用
  • 宙を飛ぶ巨大な男の腕のなかに、彼女はあきらめの目をつぶっていた。 吉川英治『新・水滸伝(三)』より引用
  • 次へ »

宙を飛ぶ の使われ方