宗教右派

45 の用例 (0.00 秒)
  • 総裁の中野良子は、宗教右派を中心とした右派政治団体『日本会議』の代表委員である。
  • 政治力としてまた保守合同の一部として「宗教右派」が出現したのは、1970年代以降のことであり、教育の宗教からの分離の動き、および最高裁判所による学校での礼拝や人工中絶に関する裁定が出たことへの反応だった。
  • 現代の欧米・イスラム諸国では、たびたび宗教的問題が政治における大きな争点となるが、その際に右派政党を通じて宗教的道徳・価値観を法制度に反映することを主張する勢力が宗教右派である。
  • カトリックの宗教右派の殆んどは「教皇空位主義者」である。
  • 宗教右派の台頭にともなって、キリスト教原理主義などプロテスタントの神学の内の聖書主義的な意味での保守主義、つまり聖書の記述を文章のまま受け入れようとする潮流が保守主義と呼ばれる。
  • より一般化した言い方としては宗教右派()と呼ばれ、右翼的な見解を持つ政治、宗教運動や団体に対して用いられる名称、定義である。
  • 宗教右派の活動も行われており、神社本庁、霊友会、キリストの幕屋など主に創価学会と対立関係にある宗教団体が保守政党の自由民主党に組織内議員を送り込んだり、自民党の支持団体である日本会議に参加したりしている。
  • プロテスタントが人口の多数を占める南部は、敬虔なキリスト教徒が多いことでも知られ、現代におけるキリスト教根本主義運動、宗教右派の基盤でもある。
  • また、政権もキプロス介入の成功による国民的人気もかかわらず宗教右派である国民救済党との閣内不一致から10ヶ月の短命に終わった。
  • それ以外の人々は、そのような固定観念は些細なものであり、「宗教右派」という用語が、「宗教左派」のような他の似た言葉よりよく使われるのは、アメリカでは、著しい数のキリスト教福音派が、右派の政治運動に協力しているからであると考えている。
  • アメリカでは宗教右派の過激派によって妊娠中絶を行う医師を射殺したり、病院に異臭物を投げ込んだり放火したり爆破するテロなども多発し、殆どの病院で爆発物専門スタッフが雇用され郵便物の開封は慎重に行うことなどを強いられている。
  • 後述のように、内政問題においては党内穏健派とされており、宗教右派など保守的色彩が強い層からは強い批判を浴びることもしばしばで、党内の指名獲得争いにおいて苦慮する場面も少なからず見受けられた。
  • 伴に大本を離れた人物として宗教右派に属する政治的新興宗教生長の家創始者谷口雅春が居る。
  • ゾンビとの戦いだけではなく、防衛に不向きなヨルダン川西岸を放棄したイスラエルで宗教右派と政府間の内戦が勃発したり、パキスタンとイランが難民問題から核戦争に発展するなど、人間同士の争いも描かれている。
  • シャロンと「約束の地」への思い入れが強い宗教右派の間には対立が存在し、更には入植者が強い抵抗を示す中で、治安部隊によるガザからの退去作業が8月17日より開始され、ガザの入植地は解体された。
  • アメリカ合衆国では、有名な「進化論論争」や、また、昨今は「宗教右派」とかなり重複していることで世界的に有名になっているが、政治的立場は必ずしも右翼とは限らず、たとえば共和党でもマーク・ハットフィールドのような議員や再洗礼派系の教団や教派のように聖書の使信は平和主義であると称える教派も多い。
  • 極右は、宗教右派、国家社会主義、超国家主義、愛国主義、国粋主義、復古主義のうちでも特に過激な政治主張・行動を指してきた。
  • 生長の家はもともと宗教右派色の強い組織であるが、現在は3代目総裁の谷口雅宣自身が自由民主党に対して、しばしば対立的な言動を行うなど、距離を置くようになり、信徒もそれに習うようになった。
  • ソージャナーズ誌の論調は、福音主義者の視点から、キリスト者は、いわゆる宗教右派が口をつぐむ貧困、戦争などの社会的矛盾について積極的にその解決にかかわるべきだ、というものである。
  • 宗教右派に属する新興宗教生長の家の総本山がある。
  • 次へ »