宗主国フランス

16 の例文 (0.00 秒)
  • かつての宗主国フランスは手を引き、南北二つのヴェトナムは、やがて統一のための選挙をやるはずだった。 ...
  • アンコーナ共和国の国旗の青は、宗主国フランスとの繋がりを示すものであり、赤と黄はアンコーナを象徴する色である。
  • ギュイエンヌ公の名称は、宗主国フランスの征服で弱体化したアキテーヌ公国に与えられた。 ...
  • 宗主国フランスで教育を受けたカンボジアの社会主義者達は、やがて追い詰められた新興宗教の指導者のようになって、国民の虐殺を始めるからである。 ...
  • 宗主国フランスからの援助が途絶えたギニアへの資金援助や、二ヵ国での集団安全保障なども行い、アフリカ統一機構結成に先駆けた汎アフリカ主義に基づくこの連合の結成には、大きな意味があった。 ...
  • フランスに対する独立戦争から米ソ冷戦を反映した分断国家の成立、そしてベトナム戦争へという流れを反映して、軍服においても、ベトナム民主共和国は社会主義諸国の、他方ベトナム国においては宗主国フランス、ついでベトナム共和国においてはアメリカ合衆国の影響を強く受けた形で出発し、発展した。 ...
  • この背景には、シハヌークがノロドム、シソワット両家の血筋を引いていることと、まだ若年のため宗主国フランスの意向に沿うだろうという思惑があったためと見られている。 ...
  • しかし、フランス共産党も参加する宗主国フランスのレオン・ブルム政権が旧来の植民地政策を維持した上に、シリアの共産党も若い世代のナショナリズム的運動を支援しなかったことから、幻滅して活動から離れた。 ...
  • 第二次世界大戦中に宗主国フランスがドイツに占領されたことは、マダガスカルの植民地政府の威信に曇りをもたらす出来事であり、1947年に起きた反フランス植民地支配抵抗運動の遠因ともなった。 ...
  • 宗主国フランスは、1954年にディエンビエンフーが陥落してからベトナムから退き、代わりにアメリカが前面に立ってゴ・ディン・ジェム体制を支え、アイゼンハワーの時代には毎年2億ドルを支援して政権の安定を図り、軍事顧問団を675名派遣していた。 ...
  • 国旗の赤と青は、宗主国フランスから採ったものであり、橙は、ピエモンテ高原を覆う木々の色より採られた。 ...
  • ジョトディア自身、この暴力行為を抑えることができないと認めたため、宗主国フランスやアフリカ連合の軍事的介入を招いた。
  • 植民地宗主国フランスのボルドー大学で学び、1959年に歴史学の学位から口頭伝承を聞き取り、歴史を再構築した。 ...
  • thumb|right|南ベトナム500ドン紙幣第二次大戦後、戦前の宗主国フランスの意を受けて存在していたベトナム国が、1953年にフランス領インドシナ・ピアストルとドンの両通貨名で紙幣を発行していた。 ...
  • thumb|1南ベトナム・ドン硬貨第二次大戦後、戦前の宗主国フランスの意を受けて存在していたベトナム国において1953年、カンボジア・ラオス・ベトナム国立発行局ベトナム支局が、フランス領インドシナ・ピアストルとドンの両貨併記で紙幣を発行。 ...