宗主国オランダ

11 の例文 (0.00 秒)
  • しかし、東インドの宗主国オランダは、インドネシアの独立を認めなかった。 ...
  • 皇太子を宗主国オランダの大学に留学させた。 ...
  • 太平洋戦争に伴う日本軍の軍政下で、宗主国オランダを含む連合国の侵攻に対抗するため日本軍への協力を決め、ガルトで民兵を組織する。 ...
  • また宗主国オランダでも、東インド出身の学生たちが東インド協会を結成し、出身地方の枠を超えた東インドの民族的一体感に目覚めていった。 ...
  • 同校を1921年に卒業後、植民地の宗主国オランダが1920年にバンドンに創設した高等工業学校に入学。 ...
  • のちにインドネシアになる地域では、ジャワ語、スンダ語など数多くの地方語が話されていたが、宗主国オランダからの独立を求める民族主義運動によって海峡マレー語がインドネシア民族の共通の言葉「インドネシア語」として採用され、独立後に国語となった。 ...
  • オランダ領東インドにおける共産主義運動の歴史を語るには、宗主国オランダから植民地東インドへ渡ったオランダ人社会主義者と、東インド在住の欧亜混血児たちの存在を抜きにすることは出来ない。 ...
  • しかし、宗主国オランダは「インドネシア連邦共和国」の構想をもっており、ジャワ人の覇権を恐れるインドネシア地域の諸民族の支持をうけつつ、インドネシア共和国を同連邦の一部に組み込んでしまうことで勢力を維持することを狙った。 ...
  • 終戦直後の1945年8月17日、スカルノとハッタが「民族の名において」インドネシアの独立を宣言し、同月22日、暫定的な代議機関として中央国民委員会が発足、インドネシアは宗主国オランダからの独立を達成するために、難しい内政と外交の舵取りに取り組んでいくことになった。 ...
  • オランダ領東インド時代、植民地宗主国オランダをはじめとするヨーロッパ系の民間資本が、東スマトラ一帯でタバコ、ゴム、茶などのプランテーション農園を開発した。 ...