宗主国オスマン帝国

8 の例文 (0.00 秒)
  • また、1833年には領土の拡大が認められるとともに、宗主国オスマン帝国への貢納が定められた。 ...
  • そしてクリミア・ハン国の宗主国オスマン帝国と同盟を結びロシアを脅かす策も、ピョートル1世に先を越されて中立状態となり、逆にポーランドの親スウェーデン派がロシアに牽制されてしまい、カール12世の意図は全て失敗に終わった。 ...
  • また、奴隷貿易の対象ではなく宗教上のライバルであった北アフリカのイスラム諸国は、19世紀には宗主国オスマン帝国の影響力が衰え、また自立した群小政権もヨーロッパ勢力の経済的・軍事的な発展に対してほとんど為す術がないほど弱体化していた。 ...
  • ムハンマド・アリーは綿花を主体とする農産物専売制をとっていたが、1838年に宗主国オスマン帝国がイギリスと自由貿易協定を結んだ。 ...
  • アレクサンドル・ラプシュネアヌ公時代、宗主国オスマン帝国の、モルダヴィア公をより監視しやすい平野部のヤシへおくという意向から、首都が移された。 ...
  • そこで、トランシルヴァニア公ベトレン・ガーボルは宗主国オスマン帝国のオスマン2世に支援を求めた。 ...
  • 彼のもとでエジプトの国力は急速に増強され、軍事的な衰退著しい宗主国オスマン帝国にかわって1818年にはワッハーブ派がアラビア半島に興した第一次サウード王国を滅ぼした。 ...