宗主国イギリス

22 の例文 (0.00 秒)
  • 南アフリカは、かつての宗主国イギリスを通じてセレツェに圧力をかけた。 ...
  • 由来は1950年代に当時の宗主国イギリスにより、漁獲量向上のために導入されたようである。 ...
  • 宗主国イギリスのロバート・セシルは第一次世界大戦におけるインドの貢献を取り上げ、また一部では民主化も進み自治領へ移行する準備もあることから加盟を主張し、結果イギリスの自治領の事例と同じく植民地でありながら例外的に加盟が承認された。 ...
  • 宗主国イギリスの特殊空挺部隊を参考に1955年に創設された。 ...
  • 宗主国イギリスがインドを去る1947年、かつての植民地は宗教を基にインドとパキスタンに分けられた。 ...
  • それ以前の文学史は、ある程度かつての宗主国イギリスに求めることになるが、現在では移民の記録や日記、詩なども、アメリカ文学の一部として認められており、アメリカ文学の発生点は単純には決めがたい。 ...
  • 大日本帝国を仮想敵国とするオーストラリア海軍が保有していた巡洋艦は旧式艦ばかりで、同政府は宗主国イギリスに代艦を要求する。 ...
  • 大戦後は、海外領土における世論が宗主国イギリスに対して反発的になるのを防止すべく、自国領や植民地を訪問した。 ...
  • 綿花は特定の一次商品を宗主国イギリスに輸出し、完成消費財を輸入するという経済構造に変質したため、従来の自給型農業が決定的な変化を被った。 ...
  • 一方、宗主国イギリスの言葉である英語の地位はアパルトヘイト撤廃後には大きく上昇と対照的な様態をなしており、英国は宗主国であったにもかかわらず途中からアパルトヘイト反対へ転じたことで、アパルトヘイトの責任を免れ英語が黒人層にまで浸透した。 ...
  • 同じく日本軍の勢力下にあったビルマでは開戦以来、元の宗主国イギリスを放逐した日本軍と協力関係にあったが、日本軍が劣勢になると、ビルマ国民軍の一部が日本軍に対し決起。 ...
  • 日本軍がビルマから駆逐された後にはイギリスが支配者として返り咲き、1948年に独立を勝ち取るまで宗主国イギリスの支配下にあった。 ...
  • しかし、宗主国イギリスを援護するために第一次世界大戦へ参戦したことで戦費がかさみ、財政は困窮した。 ...
  • そして、近世になり、体系的な国家構造と将来展望をもつ初の近代的共和国としてアメリカ合衆国が独立すると、その議会に旧・宗主国イギリスの両院制を取り入れながらも、その「貴族院・庶民院」という名称を改めて「元老院・代議院」として現在に至っている。 ...
  • また当時ニュージーランドはANZUS危機の真っ最中で、アメリカにも、宗主国イギリスにも冷淡な姿勢をとられて外交的に孤立無援の状態だった。 ...
  • 宗主国のあいだで奴隷制を終焉させ、先住民保護思想が広がっていたので、宗主国イギリスは人種絶滅を避けるためサトウキビ・プランテーションの契約労働者としてインド人導入政策をとった。 ...
  • これに驚いた宗主国イギリスは調査団をゴールドコーストに派遣し、調査団は自治の拡大とアフリカ人主体の立法評議会の設置を提言した。 ...
  • 次へ