宗主国である清

13 の例文 (0.00 秒)
  • 朝鮮を敵に回すことは宗主国である清も敵に回すことであり、今の日本には勝ち目はないと考えた。 ...
  • それまで宗主国である清の元号を用いていたが、清との宗属関係を廃止することを明確化する狙いで清の年号を廃止して独自の紀年法を用いることとしたものである。 ...
  • そこで最善なのは交渉によって琉球との交易を断念してもらうことであり、宗主国である清を動かす策を取るべきとした。 ...
  • 明治27年になると、朝鮮では甲午農民戦争が勃発し、宗主国である清と日本の緊張が高まり、伊藤内閣も清との戦争を覚悟するようになった。 ...
  • 李朝の宗主国である清や、南下政策を続けるロシア帝国に対する政策の一環として、日本は朝鮮半島に注目する。 ...
  • 更に閔妃をはじめとする閔氏一族は、それまでの親日派政策から冊封体制の宗主国である清への事大主義政策へと方向転換していた。 ...
  • チベットの宗主国である清は状況の把握、および収拾のために御前侍衛大臣の巴忠を派遣した。 ...
  • 閔妃はその子である李坧を王世子とするため、宗主国である清に側近を派遣して賄賂を贈り、李坧を嫡子として承認してもらうことに成功した。 ...
  • その後交わされた国書では勅の文字は使用されなかったが、明治4年に朝鮮の宗主国である清と対等な関係である日清修好条規を締結したことにより、再び上下関係を明確化させようとする動きが強まり、「天子」の文字が入った国書が送られたことで日朝関係は断絶状態となった。 ...
  • このようなフランスのベトナムに対する露骨な侵略は、ベトナムの宗主国である清の介入を招き、清仏戦争が勃発するが、天津条約によって清はベトナムに対する宗主権を放棄する。 ...
  • だが、18世紀末にチベットと貿易の諸問題で衝突したことから、チベットの宗主国である清の介入を招き、1788年から1792年にかけて清・ネパール戦争が勃発した。 ...
  • 政府は結局第2案・第3案の折衷策を採り、同年末に外務権少丞・吉岡弘毅を釜山に派遣して正式な国交樹立交渉を進めるとともに、翌1871年9月には朝鮮の宗主国である清との間で日清修好条規および通商章程を調印した。 ...