宗と

全て 名詞 副詞
664 の用例 (0.01 秒)
  • 内心はどうあれ、表面的には高宗と秦檜は協調して国を統治していった。 田中芳樹『紅塵』より引用
  • そこで綱宗と初子とは、明暦元年の正月に浜屋敷で婚礼をしたのである。 森鴎外『椙原品』より引用
  • 政秀の庇護下で義祐・政宗と争った晴政だったが1565年に死去した。
  • 文宗の子が即位して端宗となった際は、首陽大君一派と争うようになった。
  • 相川章一郎は人も知る国宗と刎頸ふんけいの友であり、国宗の後援会長でもある。 森村誠一『棟居刑事の情熱』より引用
  • キリスト教は天主教、天主公教などの呼称とともに天帝宗とも称された。
  • ロシアの宗教は、名はギリシア宗と称すといえども、その実大いに異なり。 井上円了『欧米各国 政教日記』より引用
  • 大方の予想に反して即位した雅仁親王は、経宗と従兄弟の関係にあった。
  • この事により本願寺は急速に発展・拡大し、一向宗と呼ばれるようになった。
  • 英人曰く、ローマ宗と国教宗の別は、洗手の前と後との別と同一なり。 井上円了『欧米各国 政教日記』より引用
  • それは政宗と一揆方との通謀の証拠になる数通の文書であった。 幸田露伴『蒲生氏郷』より引用
  • 第2次世界大戦後の1947年本門法華宗から独立して本門佛立宗となった。
  • 武則天は夫である高宗と合葬されているため、陵墓の数は18となる。
  • また、唐の玄宗と同様に演劇に戯れて、自らも李天下と称して芝居を演じたという。
  • それから忠宗・宗綱・竹松丸と、政宗との間に4人の子をもうけた。
  • 氏郷と政宗とをみ合わしておけば、両方ともうるさくなくてよいだろう。 菊池寛『日本武将譚』より引用
  • 翁はご承知のとおり画事の上では、大癡をそうとしていた人です。 芥川竜之介『秋山図』より引用
  • 秀吉が死ぬと、家康は秀吉の遺言を無視し、伊達政宗と縁戚関係を結んだ。
  • ただ北条時頼以前は得宗と執権は同一者であるのが通例であった。
  • 清の仁宗と宣宗は使用が禁じられると困る字を持つので即位と同時に改名している。
  • 次へ »