完封を喫し準優勝

17 の例文 (0.00 秒)
  • 決勝では日大櫻丘の仲根正広と投げ合うが、完封を喫し準優勝に終わった。 ...
  • 決勝まで進出するが、日大三高の渡部良克に完封を喫し準優勝にとどまる。 ...
  • この大会でも決勝に進むが、静岡商の田所善治郎に完封を喫し準優勝にとどまる。 ...
  • 決勝に進むが日本楽器の新美敏に完封を喫し準優勝に終わる。 ...
  • 日本石油との決勝では平松政次に完封を喫し準優勝にとどまるが、久慈賞を獲得した。 ...
  • 木田勇の好投もあり決勝に進むが、東芝の黒紙義弘に完封を喫し準優勝にとどまる。 ...
  • 同年秋の大分剛健国体では決勝に進むが、松山商の西本明和に完封を喫し準優勝にとどまる。 ...
  • 同年の全日本大学野球選手権大会では、決勝で東海大の上田二郎に完封を喫し準優勝。 ...
  • 決勝では三池工と対戦するが、上田卓三に0-2で完封を喫し準優勝にとどまった。 ...
  • 日大三高のエース渡部良克と投げ合うが、1安打完封を喫し準優勝にとどまる。
  • しかし法政二高の柴田勲に完封を喫し準優勝にとどまった。 ...
  • 翌の都市対抗でも加藤英美とバッテリーを組み決勝に進むが、電電関東の丹利男に完封を喫し準優勝にとどまる。 ...
  • 決勝では日本楽器のエース新美敏から2安打を放つが、完封を喫し準優勝にとどまる。 ...
  • 翌の都市対抗でも、左腕の新エース加藤英美を擁し2年連続で決勝に進出するが、電電関東の丹利男投手に完封を喫し準優勝にとどまる。 ...
  • 同期の待井昇、小曽根修治両投手の好投もあり決勝に進むが、日大櫻丘高のエース仲根正広に完封を喫し準優勝にとどまる。 ...
  • 前橋高校では2年生の時、エース兼四番打者として1977年の秋季関東大会決勝に進み、印旛高校の菊池総と投げ合うが完封を喫し準優勝にとどまる。 ...