安藤優子

18 の用例 (0.00 秒)
  • 安藤優子のような言葉に重みのあるアナウンサーになりたいと語っている。
  • 当時はニュースJAPANとプロ野球ニュースは同じスタジオからの放送で、『プロ野球ニュース』内でも安藤優子らに話を振られることもあった。
  • 現在、ニュースキャスターとして活躍している安藤優子がキャスターとして初めて出演した番組でもある。
  • キャスターは学生時代の安藤優子が勤めていた。
  • 同番組では全国ニュースのキャスターによるタイトルコールが放送されていたが、その時期にはすでに幸田シャーミンは降板して安藤優子に変わっていた。
  • 当時、TBS系列の全日本F2選手権中継でピットレポーターをしていた今宮純と安藤優子が本人役で出演している。
  • 平日夕方に生放送が行われている『FNNスーパーニュース』の特別番組として、メインキャスターの安藤優子に加えて、タモリをメインキャスターに加えて過去に2回、報道特別番組を生放送を行った。
  • タモリと安藤優子の冠番組である。
  • また、安藤優子らを輩出するなど後進の育成にも力を入れており、1987年には会話を通した人間関係の重要性を問うコミュニケーションスクール・「とも子塾」を立ち上げた。
  • 安藤 優子は、日本のニュースキャスターで、ウェーブ産経代表幹事である。
  • コメント中に舌が回らず言い淀む場面が極度に多く、メインキャスターの安藤優子からは「はに噛む王子」とも呼ばれるなど、度々揶揄されている。
  • パートナーを組む安藤優子にコメントを求められるとき、安藤の見方とは違う視点からコメントするよう努めている。
  • 告別式の行われた12月27日には、5期先輩である露木茂アナウンサーも『FNNスーパータイム』でニュースを読み上げ、またかつて同番組でコンビを組んだ安藤優子が葬儀の模様をレポートし、生放送中のVTR終了後に号泣した。
  • 当日18時からの『スーパータイム』の告知コーナーもあり、当時のキャスターだった露木茂と安藤優子が報道センターから出演し、第1回放送では「『スーパータイム』が、今日から10年目に入ります」という告知で登場した。
  • 毎週、安藤優子・滝川クリステル・櫻井よしこの3人に加え、プレミアゲストが出演する。
  • フリー転身後、『FNNスーパータイム』については、フジテレビと『FNNスーパータイム』でキャスターとしてコンビを組んでいた安藤優子が強く希望したことから、1年間キャスターを続けた。
  • 安藤美姫の代名詞的ニックネーム『ミキティ』の名付け親は、ニュースキャスターの安藤優子である。
  • 檀ふみ、安藤優子、平野レミと親交が深い。