安来節

全て 名詞
197 の例文 (0.00 秒)
  • 女は安来節やすぎぶしのようなのを小声で歌いながら、チリ紙を持って入ってきた。 ...
  • 正之助が出かけた当時、その地方には渡部お糸という安来節の名人がいた。 ...
  • 渡部お糸や遠藤お直の他にも、安来節の名人と称せられる人は何人かいる。 ...
  • そのころまでは流行はやっていなかったが、その姿は安来節の踊り姿そっくりであった。 ...
  • ラジオの放送のおかげで、始めて安来節やすぎぶし八木節やぎぶしなどというものを聞く機会を得た。 ...
  • 彼らには安来節ひとつ満足に歌うことが出来ないのである。 ...
  • ところが、大阪では安来節が大流行になり、どの劇場もそれを売りものにしていた。 ...
  • 安来節が入ったりして大衆受けのするやうには出来てゐるから先づ大丈夫と思ふ。 ...
  • 君が代が安来節やすぎぶしに聞えても困るし、歯切れの悪い弁天小僧も嫌である。 ...
  • 私はそれがボートの中で歌っている、Hの安来節やすぎぶしであることに気がついてカッとなった。 ...
  • とはいえ、肝心かんじんの『安来節』の振りがわからないのでは話にならない。 ...
  • 秋美の両親は安来節が好きであったために芸界入り。 ...
  • それにもかかわらず、正之助の連れてきた安来節の芸人が人気を呼んだのは、なぜか。 ...
  • 安来節などの歌を得意としていた。 ...
  • 安来節踊りの腰付きのようなものもあれば、レヴューガールのような巧妙なのもあった。 ...
  • 彼の前の五号室には、安来節やすきぶしの女が弟子二人と住んでゐたが、家賃の払ひが悪いので、赤い眼玉の主人は出て行つてくれるやうに云つた。 ...
  • 安来節は江戸時代に「出雲節」などを基礎としていくつかの地元民謡を吸収しながら発達した。 ...
  • 次へ