守り育てる

33 の用例 (0.00 秒)
  • 杉山には、それを守り育てて来た幾代もの祖先の霊が籠もるのだという。 松下竜一『砦に拠る』より引用
  • 彼女が綱村を守り育てたことが政岡の話につながったとする説である。
  • 物語の主役となるのは竜の子と、彼らを守り育てる人間=竜術士たち。
  • 大切に守り育てたかけがえのない花は、自らの力でほころびはじめた。 雪乃紗衣『彩雲国物語 03 花は紫宮に咲く』より引用
  • それを押さえてまで、守り育てなければならない理由は、私にはないと思うのだ。 かんべむさし『建売住宅温泉峡』より引用
  • この小さなものを守り育てたいという母性的な感覚は、祖母の記憶によるものではないのか。 今邑彩『暗黒祭(「蛇神」シリーズ最終巻)』より引用
  • そして私を支持してゆくことを考えないで、子供を守り育てることをのみ考えたのかも知れない。 豊島与志雄『理想の女』より引用
  • そして彼女はそのひらめきを守り育てていきたいと思った。 アンダスン/山屋三郎訳『ワインズバーグ・オハイオ』より引用
  • 世間には名も知られぬ、こうした何百人、何千人の鬼たちが日本の鉄道を守り育て、支えて来たのであった。 平岩弓枝『旅路(中)』より引用
  • というのは多くの主要都市が学芸や学校や図書館や天文台を守り育てる場所となったからである。 和辻哲郎『鎖国日本の悲劇 (前編)』より引用
  • それから私はあの人を赤ん坊のときから青年になるまで守り育てたことを思い出し、あの人の今までのほとんど全生涯ぜんしょうがいのことを考え出しました。 エミリー・ブロンテ/大和資雄訳『嵐が丘』より引用
  • ビールは売れるよって、ウイスキーを守り育てていくためにも是非やってほしいのや。 川又一英『ヒゲのウヰスキー誕生す』より引用
  • いえいえ、よりいっそう協力して、冴子さんの人気をいやがうえにも守り育てていかねばなりません。 横溝正史『魔女の暦』より引用
  • 後進は先人の技術を継承し守り育てるが、それは似たような作品の単なる繰り返しとなりかねない。
  • 将来、俳優芸術を守り育て、それを社会一般に正当に認識させる為には、この三つの点を十分是正する必要があると思う。 岸田国士『俳優倫理』より引用
  • 真に重要なことは、われわれが今日まで正しいと信じて守り育ててきた態度としての党派性が、真実のものであったか否かということである。 竹内好『近代の超克』より引用
  • 子供は特にその初期には守られなくては生存できない存在であり、親の愛はこれを守り育てる活動の原動力となるものである。
  • 日常の教育、健康その他、わが子以上な愛育へ、より大きな責任感をも抱いて守り育てて来たものであった。 吉川英治『新書太閤記(六)』より引用
  • 乳母うばカニンガムもまた、献身的なまでの愛情を傾けて、ルイを守り育てた。 スティーヴンスン/日高八郎訳『ジーキル博士とハイド氏』より引用
  • 彼女の守り育てたい生活は一時代前の伝統に忠実ならんとすることだが、すでにこの母子をとりまく世界は、価値観の上からも、社会的にも生活の質に変化をきたしはじめている。 本間千枝子『アメリカの食卓』より引用
  • 次へ »

守り育てる の使われ方