守り抜い

全て 動詞
228 の用例 (0.00 秒)
  • 全てを捨てて、傷だらけになりながらも、それを守り抜いた少女がいた。 奈須きのこ『Fate/stay night セイバー Fate TrueEnd 夢の続き』より引用
  • こうやって自分はこれからも、沙耶との日常を守り抜いていくのだろう。 虚淵玄『沙耶の唄』より引用
  • 今日まで守り抜いてきた秘密を知らされたのは、社長に就任しゅうにんした日だった。 野尻抱介『クレギオン 1 ヴェイスの盲点』より引用
  • 秘めた想いを抑えながら、自分との結婚生活を守り抜いて死んでいった。 柴田よしき『好きよ』より引用
  • いろいろあったが、師がいつでも帰って来ることができるよう道観を五年間守り抜いたのだ。 仁木英之『薄妃の恋 僕僕先生』より引用
  • 守り抜いている場面で違うリズムを持ったFWを投入されるほど嫌なものはない。 野沢尚『龍時(リュウジ)03―04』より引用
  • そのため、拷問に耐えて生き続けることで秘密を守り抜いていた。
  • 新しいビデオの規格は、たとえ会社がつぶれても、私が守り抜いてみせる。 佐藤正明『陽はまた昇る 映像メディアの世紀』より引用
  • 二人は二人の愛の生活を守り抜いたのである。 柏原兵三『徳山道助の帰郷』より引用
  • 後にステュムパーロスはペロプスに攻撃されたとき、町を守り抜いた。
  • その秘密を守り抜いてきたという彼らの共同体意識が、この緊張感を生んでいるのかもしれない。 梅原克文『カムナビ(上)』より引用
  • たとえ有名芸術家の写真でも、陰毛があれば禁止という一線を必死に守り抜いてきた。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇2 ゴンドラの花嫁』より引用
  • また共通の敵に対してフランス語を話す国民と英語を話す国民が結束して戦争の大半を守り抜いた。
  • 兄が守り抜いた神林の家名を、自分が傷つけるようなことがあってはならない。 平岩弓枝『御宿かわせみ 14 神かくし』より引用
  • 続いて黒田孝高の部隊が盛政の攻撃を受けることとなったが、奮戦し守り抜いた。
  • ユダヤ教徒も同様の扱いを受けたが、隠れユダヤ人としてスペインで信仰を守り抜いたものも少なくなかった。
  • そこまでして領民を守り抜いた彼は、逆に領民から吸血鬼と噂されてしまいました。 奈須きのこ『MELTY BLOOD 虚言の王』より引用
  • 二つの未来ある生命を守り抜いたのは、その意図の有無にはかかわらず、貴族の製造した二台の馬車であった。 菊地秀行『吸血鬼ハンター09a D-蒼白き堕天使1』より引用
  • ギャツビーは、ついに命をかけてデイジーを守り抜いたんですねえ。 淀川長治『続々』より引用
  • 雷はきっかり二秒だけ、その姿勢で、小美とその娘美名を守り抜いた。 川又千秋『天界の狂戦士』より引用
  • 次へ »

守り抜い の使われ方