宇宙へ旅立つ

20 の用例 (0.00 秒)
  • 実際作られたのは30体だが、一体は事故で失われ、29体で宇宙へ旅立った。
  • カイルはこのリングを使ってグリーンランタン・コァを復活させようと考え、候補者を求めて宇宙へ旅立った。
  • 反乱終結後はノインと共に火星のテラフォーミングを行うために宇宙へ旅立っていった。
  • だがケンは、既に地球には自分の居場所がなくなっていることに気付き、再び宇宙へ旅立つことを決意する。
  • ニュートロンジャマーの影響範囲外にあり、コロニー全体を外宇宙へ旅立つための宇宙船として改造されている。
  • 桟敷原雫は3年前にゲームの勝者となって宇宙へ旅立った兄を追う為、自身もまたゲームの勝者となることを望んでいた。
  • イケダは人類の退行に反論し、可能性を求めて再びラグラングから外宇宙へ旅立つという。
  • これを率いて宇宙へ旅立つ。
  • 南の島で幼馴染のエヴァリー・キーと暮らしていたが、宇宙へ旅立つようガバ・スーに告げられる。
  • ヤマトがイスカンダルを出発した後、スターシャの乗った宇宙船とともに外宇宙へ旅立っていった。
  • その出自は諸説が混在するが、一説では新天地を求めて外宇宙へ旅立っていった人達の文明が作り出したものが、何らかの要因で地球圏に漂着してきたのではないかといわれている。
  • シリカ号が探検した星も様々で、透明人間が住む星、海底人の星、小人の星、すべてが完全に機械化されて肉体が退化した生物が住む星、金属人間が住む星などがあり、ピロたちは、最初はそれらの宇宙人と意志が通じずに敵対して危険な目に会うこともあるが、最後は和解し、友好を深めて宇宙へ旅立つ。
  • 原点回帰という作品の方向性が決まった際、悟空と共に宇宙へ旅立つメンバーとして初期のブルマにあたるキャラクターを一緒に旅させたいということから、初期ブルマを思わせるキャラクターとして選ばれ、悟空とサタンの孫という印象深い設定を活かそうという発想もあって、当初からメンバーとして、すんなり決定していた。
  • リチャードが11歳の頃、手作りの「銀の蛇」をデザインしたペンダントを父に送り、オーウェンはそのペンダントを持って宇宙へ旅立った。
  • 第1話は「1982 おたくのビデオ」、第2話は「1985 続・おたくのビデオ」と題されており、後半はおたく文化が日本のトップ産業となる架空の未来が舞台となり、『宇宙戦艦ヤマト』に似た宇宙船でおたくたちが宇宙へ旅立って終わる。
  • マイクロン戦争終結後に、大半のマイクロンが新天地を求め宇宙へ旅立ったが、一部のマイクロンはそのまま留まった。
  • 自らの出生の秘密を聞かされた彼はゾーリン・ソールを受けとり、突入してきたマハを振り切って、シャトルをジャックし、宇宙へ旅立った。
  • 性格は極めて凶暴であり、『ゴジラvsモスラ』で宇宙へ旅立っていったモスラの分身であるフェアリーモスラにより、三枝未希にその存在と脅威が伝えられた。
  • が、突如復活したゴジラにバトラが倒され、その海上でゴジラを封印、バトラの使命を受け継ぎ、地球に追突する隕石の軌道を変えるため宇宙へ旅立つ。
  • その後、プロフェッサーXは彼を、ダーウィン、ハボック、マーベルガール、ウォーパス、ポラリスと共に、ヴァルカンがシーア帝国を滅ぼすのをやめさせる為に宇宙へ旅立つミッションへと参加させた。