学費を工面

21 の例文 (0.00 秒)
  • 翌年に父親が他界すると一旦家業を継いだが、演劇講師になるための学費を工面するために父の代から続いた店を売却。 ...
  • 叔母さんの学費を工面したのは、わたしの父と宇文ユイウェン叔父さんである。 ...
  • 休学も検討したが、学費を工面できないので余儀なく退学した。
  • 彼の一家は深刻な経済的問題に直面していたので、この期間に彼はその家柄にもかかわらず学費を工面するために家庭教師をしていた。 ...
  • スコットとケイトはあの手この手で娘の学費を工面しようとしたが、試みはどれも失敗に終わった。 ...
  • それでも学費を工面するのは大変で制服も夏冬二着など到底揃えられず、冬服の制服を夏には裏返して着るというようなことをしなければならないほどだったが、本人は明るく楽しい学生生活を送る事が出来たと回想している。 ...
  • 学費を工面するために、テディは昼に地元のファストフード店でアルバイトをすることになった。 ...
  • 高校生のブルックス・ラティガンはイェール大学への進学を望んでいたが、学費を工面できない状態にあった。 ...
  • 山陰の小都市の小商人の子に生まれた高階は、なまじ中学、高校の成績がよかったために、担任教師にあおられた両親が血のにじむような学費を工面して、東京の大学へ送られた。 ...
  • 父が失職し学費を工面できなかったため、1946年、父の友人である林良一・ミツ夫妻の養女となった。 ...
  • 音楽で生計を立てることに父親が反対していたため、劇場やダンスホールでピアノを演奏したり、自作のポピュラー音楽を売ることで自らダートマス大学の学費を工面した。 ...
  • 帰郷後の明治10年に、受け持ちの授業のない時には英語の授業に出席しても良いという条件で愛媛県立北予変則中学校の数学の教師として採用されたものの、やはり学問への思いは断ち切れず、教師としての給与と親戚からの借金で学費を工面して明治12年に東京師範学校中学師範学科に入学、明治17年に首席で卒業した。 ...
  • 井上家は後藤田を長男格で扱い、長兄の耕平も遺産を処分しながら弟たちの学費を工面してくれたため、不自由なく暮らすことが出来たが、早くに両親を亡くした経験はその後の後藤田の人格形成に大きな影響を与える。 ...
  • そして、クーパーはプレストンのエール大学の学費を工面した。 ...
  • しかし学費を工面していた秀男に思いを打ち明けることができず、4年生の時に目黒を出奔し、鳴尾競馬場にいた叔父・美馬信次を頼った。 ...
  • 学費を工面できなくなったスコットとケイトは、大学に入れてあげられないことをアレックスに詫びるが、チャンドラー警官の協力もあり、シェーファーのオフィスに忍び込み、彼からお金を取り戻すことにした。 ...
  • その傍ら、豆腐を作って売り、学費を工面した。 ...
  • 次へ