学童社

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • これを皮切りに、学童社が、自社の雑誌に連載を持つ漫画家の多くをトキワ荘へ入居させた。 ...
  • なお、虫プロによるテレビアニメ化と並行して、学童社の漫画少年に連載された原作ジャングル大帝を描き直したものが小学館から雑誌スタイルのサンデーコミックスとして全5冊に分けて順次に刊行されたが、これが漫画少年誌連載後初めての話の結末までの収録であった。 ...
  • 本来は『密林大帝』として単行本で描き下ろす予定だったのが、上京して偶然訪れた学童社において加藤謙一編集長の奨めで連載することになった経緯を持つ。 ...
  • この間、1950年10月に加藤は公職追放を解除され、1951年には正式に学童社の社長に就任した。 ...
  • 連載中の1950年に出された学童社の単行本はもちろん、1967年の光文社の手塚治虫漫画全集も4巻までと刊行が途中で中断し、話の結末までを読むことができない状態が続いた。 ...
  • だが、それに飽きたらず1947年10月に独力で学童社を設立し、1947年に新たな雑誌『漫画少年』を創刊して自らその編集長となった。 ...
  • そんな加藤を野間省一が口説き、1952年9月に古巣の講談社に顧問として復帰、翌年には次男に学童社の社長を譲り、『漫画少年』の刊行・編集からは身を引くこととなった。 ...
  • 漫画少年は昭和22年12月から昭和30年10月にかけて学童社から月刊で発行されていた日本の漫画雑誌。 ...
  • 大阪在住の医学生時代は単行本の描き下ろしを中心として来た手塚治虫が、中央で本格的なデビューを飾った作品であり、学童社の月刊漫画誌「漫画少年」に1950年11月号から1954年4月号にかけて全43回を連載。 ...
  • 最初に連載されたのは1954年、学童社の『漫画少年』の「黎明編」だったが、学童社はその後約1年ほどで倒産し未完に終わる。
  • 学童社は、戦前『少年倶楽部』の名編集長と謳われながらも、戦後の公職追放で講談社を退社した加藤謙一が独力で起こした出版社である。 ...
  • 学童社の『漫画少年』や虫プロ商事の『COM』の影響が多々見られ、トキワ荘系やCOM出身の漫画家が多数活躍した。 ...
  • 石森章太郎は幼少の頃、手塚治虫・酒井七馬の「新寶島」に衝撃を受け漫画家を志し、手塚治虫の連載していた学童社の漫画少年誌の読者投稿欄に毎回送っていた。 ...
  • 戦前は大日本雄辯會講談社『少年倶楽部』の編集長を務め、戦後は独力で起こした学童社から『漫画少年』を編集・刊行し、多くの漫画家を世に送り出した。 ...
  • この時、手塚は、学童社の加藤謙一の次男・加藤宏泰から、宏泰の住む新築アパート「トキワ莊」へ入居するように誘われて、1953年の初頭に住人となった。 ...