学生

全て 名詞
44,174 の用例 (0.03 秒)
  • 顔を赤くして学生服のボタンをはずしたりかけたりしているだけなのだ。 佐左木俊郎『秋草の顆』より引用
  • 男の中には、学生も多いが、中にはどうも刑事かと思うようなのもいた。 寺田寅彦『柿の種』より引用
  • 少なくとも学生層に於てそういう過大部分が発生するようになって来る。 戸坂潤『技術の哲学』より引用
  • はじめに帝国大学学生四、五名とこれを試みしに、さらにその成績なし。 井上円了『妖怪学』より引用
  • さて上の学校にはいってから、私の組には三十人ばかりの学生が居た。 岩本素白『こがらし』より引用
  • 其のうちに提灯はすぐ前に来ましたが、見ると学生風をしているのです。 田中貢太郎『提灯』より引用
  • その質問をした学生はもう落第かと思って隅の方に小さくなっている。 高村光太郎『美術学校時代』より引用
  • その話なかばに、少女は何か用事ができて、学生を残したまま出ていった。 海野十三『恐怖の口笛』より引用
  • 机の中にしまっておいた学生服のポケットからお金を盗まれたという。 佐野良二『闇の力』より引用
  • ところがこの男学生時代といふもの完全に新聞を読んだことがない。 坂口安吾『天才になりそこなつた男の話』より引用
  • 男の学生だと思っていたのに、やって来たのは、意外にも女学生だった。 海野十三『赤外線男』より引用
  • 学生たちも、今までにない真剣な顔で、僕を穴のあくほど見つめている。 海野十三『海底都市』より引用
  • 学生時代の恋愛はその大半は恋の思いと憧憬で埋められるべきものだ。 倉田百三『学生と生活』より引用
  • 而してこの大会社の現社長某氏の前身がこの学生労働者であったという。 相馬愛蔵『私の小売商道』より引用
  • 少なくとも、学生にそういう理解を与える努力が意識的に行われていない。 末弘厳太郎『法学とは何か』より引用
  • まだ学生だった私は小さな古いアパートで一人暮らしをしていました。 植松真人『主よ、人の望みの喜びよ』より引用
  • 学生間にでもですな、この際大いに尊皇の精神を鼓吹せなくちゃならぬ。 北原白秋『フレップ・トリップ』より引用
  • 学校へ出てみたが、学生が皆、十歳くらいの子供のように見えるのだ。 太宰治『正義と微笑』より引用
  • その内に提灯はすぐ前に来ましたが、見ると学生風をしてゐるんです。 田中貢太郎『提灯』より引用
  • 学生の常なる姿勢は一に勉強、二に勉強、三に勉強でなくてはならぬ。 倉田百三『学生と生活』より引用
  • 次へ »