学校剣道

22 の用例 (0.00 秒)
  • 新年度最初の大きな大会といえば、関東高等学校剣道大会の県予選である。 誉田哲也『武士道セブンティーン』より引用
  • それに続いて玉竜旗全国高等学校剣道大会の女子大会・男子大会が開催される。
  • また、全国高等学校剣道選抜大会開催地としても知られる。
  • 三段、四段審査に関しては、高等学校剣道専門部や大学連盟で、一般の審査会から独立して行われることがある。
  • ニュースの共同企画や西日本新聞社主催の金鷲旗全国高等学校柔道大会・玉竜旗全国高等学校剣道大会の九州・沖縄エリアネット中継などで、ブロック内の連携を保っている。
  • 無刀流の理念に賛意を表した教育者の北条時敬は、石川を第四高等学校剣道部師範に迎えた。
  • 玉竜旗高校剣道大会とは、西日本新聞社と九州剣道連盟が主催する、毎年7月下旬に福岡県福岡市で開催される高等学校剣道大会である。
  • 大日本帝国剣道形の制定、学校剣道の指導法を考案し、現代剣道の基礎を築いた。
  • また、当時振るわなかった農学校剣道部の指導に尽力し、1938年の県大会で優勝に導いた。
  • 高校生による武道の大会である金鷲旗全国高等学校柔道大会、玉竜旗全国高等学校剣道大会を主催することで全国的に知られており、「武道の盛んな九州」のイメージ定着に一役買っている。
  • 中でも柔道部は全国中学校柔道大会で7度の優勝、剣道部は玉竜旗全国高等学校剣道大会で5度優勝、自転車競技部も全国高等学校総合体育大会自転車競技大会で2度優勝、サッカー部も1985年に全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会で優勝するなど、全国屈指の強豪と言える。
  • また、大日本武徳会は全国から25名の剣道家を選抜し、中等学校剣道教育のための大日本帝国剣道形を制定した。
  • その後佐三郎は東京高等師範学校の教授をはじめとして東京高等工業学校、早稲田大学、曹洞宗大学、日本体育会体操学校、陸軍戸山学校、陸軍士官学校等の剣道師範を務め、学校剣道の発展に尽力した。
  • 魁星旗争奪全国高校剣道大会は、秋田県剣道連盟、秋田魁新報社、秋田県高等学校体育連盟が主催する、高等学校剣道の全国大会である。
  • 本作品を書くにあたり、桐蔭学園女子剣道部の皆様、中村学園女子高等学校剣道部の皆様、筑紫台高等学校女子剣道部の皆様には貴重なご教示をいただき、たいへんお世話になりました。 誉田哲也『武士道セブンティーン』より引用
  • 衆議院議員時代には同郷の議員小沢愛次郎らと共に剣道など武道の中学校正科編入への請願運動を推進し、1905年に武道の中学校正科への編入建議案「体育ニ関スル建議案」を帝国議会へ提出、1908年についに衆議院にて同様の建議案が可決され、学校剣道本格化を実現させた。
  • 第二高等学校剣道師範の乳井義博から二刀流を学ぶ。
  • その後も赴任先の広島高等師範学校剣道部に中島春海、香川善治郎及び藤里新吉を、東北帝国大学剣道部に柳多元治郎を師範として迎え、無刀流剣道を奨励した。
  • 嵐にもまれるようにゆらめく提灯、吹きなびく幾十条の白い長旗、それに「A君万歳、L大学野球部」とか「祝出征B君、Y専門学校剣道部」などの文字が躍り狂っている。 山田風太郎『戦中派虫けら日記』より引用
  • 神奈川県学校剣道連盟会長、神奈川県剣道連盟審議員、日本古武道協会常任理事、日本古武道振興会常任理事、上智大学剣道部師範を務め、晩年まで鞍馬流剣術と現代剣道の指導に尽力した。
  • 次へ »