孤軍奮闘

206 の用例 (0.00 秒)
  • 裁判の途中エレンが襲われ、ついには孤軍奮闘となったジェイクだった。
  • 孤軍奮闘してきて、やっと前方に一点の灯を見た思いであった。 斎藤栄『まぼろしの完全犯罪』より引用
  • それもすべて、宗介とあの白いASの孤軍奮闘こぐんふんとうのおかげだったとさえ言える。 賀東招二『フルメタル・パニック!11 ずっと、スタンド・バイ・ミー(上)』より引用
  • 事実、なお社会主義運動の前進のために孤軍奮闘していたのが片山であった。 大江志乃夫『凩の時』より引用
  • 金太郎は二対一というの悪さも省りみず、孤軍奮闘していた。 つかこうへい『小説熱海殺人事件』より引用
  • 彼は声なき人々の支持はあったが、学部長との戦いにおいては全くの孤軍奮闘であった。 藤原正彦『若き数学者のアメリカ』より引用
  • ここは何処どこまでも孤軍奮闘こぐんふんとう覚悟かくごでなければならない。 出口王仁三郎『霊界物語 rm 51 20080623』より引用
  • 夏美は加賀美屋の伝統と格式の中で孤軍奮闘しながら成長していく。
  • 役者が一枚上であるのはたしかであるが、いかんせん孤軍奮闘である。 半藤一利『幕末辰五郎伝』より引用
  • そうした闇社会と絶縁しようと孤軍奮闘していたのが、実は小山副頭取だった。 吾妻博勝『新宿歌舞伎町 新・マフィアの棲む街』より引用
  • 私がヴンストーフにいる間、セイトンは大車輪で孤軍奮闘したに違いない。 イネス/池央耿訳『ベルリン空輸回廊』より引用
  • 中心選手の多くがチームを去り、ここからトゥィマンの孤軍奮闘が始まった。
  • より変わった珍しい場所を求めて孤軍奮闘するのだ。 井形慶子『ときどきイギリス暮らし』より引用
  • その後も林昌範の故障で空いた左の中継ぎを一人で担うなど孤軍奮闘した。
  • 閣議の状況は陸軍大臣の孤軍奮闘の形であったからだ。 山田風太郎『同日同刻 ―太平洋戦争開戦の一日と終戦の十五日』より引用
  • 本部発表の後、折原刑事一人が孤軍奮闘して、殺しの線を追っている声は、署の方まで聞こえていた。 斎藤栄『まぼろしの完全犯罪』より引用
  • それが現在ではもっとオーバーになって、ほとんど孤軍奮闘のかたちだというのだ。 松本清張『絢爛たる流離』より引用
  • ジャズはマローンが22得点と孤軍奮闘したが、二桁得点したのは彼一人だった。
  • ヘリオスがアリサの盾になり、二十人近い敵を相手に孤軍奮闘した。 新堂冬樹『ブルーバレンタイン』より引用
  • 私はそういうセイトンをかぎりなく尊敬したが、なぜかその孤軍奮闘ぶりに同情を寄せる気にはなれなかった。 イネス/池央耿訳『ベルリン空輸回廊』より引用
  • 次へ »

孤軍奮闘 の使われ方