存命

全て 名詞
1,985 の用例 (0.02 秒)
  • 相手は二十歳年下の店の事務員で、妻が存命中から関係があったらしい。 有栖川有栖『ダリの繭』より引用
  • 存命中は当時の人々から最も高く尊敬されたイギリス人作曲家である。
  • ちなみに中国の歴史上、存命中に太上皇を称したのは太公が最初である。
  • 昭和六年に二十一歳であれば、現在ご存命なら七十代の半ばにはなられる。 種村季弘『迷信博覧会』より引用
  • ホジスンは多数の詩を書いたが、存命中に発表したものは非常に少ない。
  • パーカーはその存命中に幾つかの劇で多くの架空人物のモデルになった。
  • しかし彼が1124年以降も存命であったことを示す史料は存在しない。
  • 私は村井さんの存命中に、さう云ふ日の來らんことを希望するのである。 新渡戸稲造『教育の目的』より引用
  • これは、ミック存命時にリリースされた最後のソロ・アルバムとなった。
  • 「初ちゃん」は今も存命するとすれば、四十を越していることであろう。 芥川竜之介『点鬼簿』より引用
  • 父が暗殺される1年半ほど前に生まれた息子で、昭和2年まで存命した。
  • 存命ならば代表100試合出場は軽く超えていたであろうと言われている。
  • 兄が存命中はその補佐に当たり、兄の死後に第2代皇帝として即位した。
  • 作品は存命中はほとんど無視され長年にわたって演奏されずに来た。
  • トウマンは彼の家令をしていたが、まだ伯爵の存命中に自由の身にしてもらった。 ツルゲーネフ/佐々木彰訳『猟人日記(上)』より引用
  • 若いころは主に詩を書いていたが、存命中に出版された詩はごく一部である。
  • 私は村井さんの存命中に、そういう日のきたらんことを希望するのである。 新渡戸稲造『教育の目的』より引用
  • セイバーを存命させたいのなら、魂を与え続ければいいだけではないか? 奈須きのこ『Fate/stay night セイバー Fate TrueEnd 夢の続き』より引用
  • 自分の名前を施設しせつにつけるなんて、存命中はなかなかできない行為こういだ。 喬林知『今日からマ王 第11巻 「めざせマのつく海の果て!」』より引用
  • 夫の父の存命中、遂に本当のことを打明ける機会がなかったからである。 梶山季之『わが鎮魂歌』より引用
  • 次へ »