孕む

全て 動詞
175 の用例 (0.00 秒)
  • 最初に女の子をはらませることのできなかった私が悪いのだ、と非難した。 板東眞砂子『死国』より引用
  • しかし、ここに示される通り、実は相当に矛盾をはらんだ行為なのである。 竹内久美子『パラサイト日本人論 ウイルスがつくった日本のこころ』より引用
  • 肌にふれる風は季節の声を孕んで、一吹きごとに秋の彩度を増していく。 浜崎達也『絶対少年 ~神隠しの秋~穴森 携帯版小説 序章』より引用
  • 自然に形成された地形を人工的に形成するため様々な問題点を孕んでいる。
  • 科学の理論の進歩は、認識が孕む問題と大きく関係しているのである。
  • 矢を孕むそのまぶたは人をあやめ、その視線はひとすじごとにひと振りのつるぎなり。 佐藤正彰訳『千一夜物語 07』より引用
  • これは軟弱な地面で各坐しそこを狙い撃ちにされる危険性を孕んでいた。
  • 少年たちにとっては外国は未知の夢をいっぱいにはらんだ美しい惑星である。 森村誠一『ミッドウェイ』より引用
  • 彼の言葉は恐らくは彼自身も意識しなかつた、恐しい事実をはらんでゐる。 芥川竜之介『西方の人』より引用
  • その先は夕映ゆうばえが完全に消えた太平洋が暗黒をはらんで無限に広がっている。 森村誠一『ミッドウェイ』より引用
  • 新聞の意見を操ろうとする行為は、極めて危ないものをはらんでいるのだ。 畠中恵『アイスクリン強し』より引用
  • なにかをはらんで熱を持っていた目が、おぞましいものを見る目に変わった。 馳星周『夜光虫』より引用
  • 何にせよ、彼女の残した矛盾をはらむ記号は、きちんとぼくが受け取った。 西尾維新『クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識』より引用
  • それほど矢切はなにをするかわからないような凶暴性を全身にはらんでいた。 森村誠一『致死眷属』より引用
  • 思い切り女を孕ませて、このままここに居付いてしまってもいいのである。 森敦『月山・鳥海山』より引用
  • その音は、何か重大なことが起こるという予感と、緊迫感を孕んでいた。 南里征典『成城官能夫人』より引用
  • 自分の躯が、医師が動顛どうてんするほどの危険をはらんでいるとは思えなかった。 三浦哲郎『愁月記』より引用
  • とうさまが内証女ないしようをんなはらませてははかくして首陀しゆだいへへやつたのでございますよ。 出口王仁三郎『霊界物語 rm 56 20080623』より引用
  • 三十五歳という自分の年が、矛盾をはらんだ不思議な現在を形づくった。 福永武彦『忘却の河』より引用
  • この赤児あかごはらんだ実は深い山の奥を離れたのち、どういう人の手に拾われたか? 芥川竜之介『桃太郎』より引用
  • 次へ »