子猫を抱い

12 の用例 (0.00 秒)
  • キウィはレースのブラウスを着た腕に、黒い毛なみの子猫を抱いていた。 ヴィンジ『最果ての銀河船団(下)』より引用
  • つかさ子猫こねこいてたずねてきたときに聞こえたのと同じ音だった。 橋本紡『半分の月がのぼる空 第01巻』より引用
  • 町で子猫を抱いていた顔はどこにもない。 大野木寛『ラーゼフォン第01巻』より引用
  • 十メートルくらい歩いたところで彼女はり向き、子猫こねこいていないほうの手を大きく振ってきた。 橋本紡『半分の月がのぼる空 第08巻』より引用
  • 子猫を抱いたまま、ラグビー選手のように道の端っこにトライする。 奈須きのこ『歌月十夜 01 本編』より引用
  • 遙さんは例の子猫を抱いたまま、外を見ようともしない。 大野木寛『ラーゼフォン第01巻』より引用
  • 伊月が子猫を抱いてぼんやりとしている間に、たちまち夕餉の支度が整っていた。 椹野道流『鬼籍通覧4 隻手の声』より引用
  • 腕には子猫を抱いている。 森岡浩之『星界シリーズ 星界の紋章 03 異郷への帰還』より引用
  • 彼女はうでに、子猫をいていた。 乙一『失踪HOLIDAY』より引用
  • まや子、まや子と、これがまた秀吉の大気に入りで、小娘が子猫を抱いたように西の丸へ来ると、離さない。 吉川英治『新書太閤記(十一)』より引用
  • 黒ずくめの恰好かつこうで、腕にコラット種の子猫を抱いていた。 今邑彩『少女Aの殺人』より引用
  • 四半刻ほど遊んだおきみは、子猫を抱いて長屋に戻った。 山本一力『あかね空』より引用