子犬

全て 名詞
1,418 の用例 (0.01 秒)
  • 黒い板塀の向こうにある庭からは何匹もの子犬の鳴き声が聞こえている。 貴志祐介『黒い家』より引用
  • たしかに、青年の言うとおり子犬を抱くことで少女の両腕は一杯だった。 新堂冬樹『忘れ雪』より引用
  • 奥の部屋には青年が子犬を連れて行ったので、中の様子はわからない。 新堂冬樹『忘れ雪』より引用
  • 来た道を戻ろうとする連れの顔は、歯も生えそろわない子犬のようだった。 支倉凍砂『狼と香辛料ⅩⅢ Side ColorsⅢ』より引用
  • 子犬や子猫を目にしたときのような、胸にこみあげてくるものを覚えた。 乙一『GOTH リストカット事件』より引用
  • おまえは子犬たちを、もっと外へつれ出してやらなければいけないよ。 ロフティング『ドリトル先生物語06巻 ドリトル先生のキャラバン』より引用
  • 数は少ないが、子犬のクッカプーロのような小動物型の破面も存在する。
  • はじめて雪を見た子犬のように、こよみは無邪気な笑顔を浮かべていた。 桜坂洋『よくわかる現代魔法 第01巻』より引用
  • まるで散歩をおねだりしたのに連れて行って貰えなかった子犬のようだ。 井上堅二『バカとテストと召喚獣 05』より引用
  • 子犬が二匹と小猫が一匹、窓のしきいのところにあがってきました。 ウェブスター/北川悌二訳『あしながおじさん』より引用
  • 子犬の健気な姿を見ると涙腺が緩んで泣いてしまうという性格でもある。
  • 小さな体を火炎で武装した子犬は、屋敷の門を出て町へ向かっていく。 藤島佑『魔法使いと弟子 (The Beans 01)』より引用
  • 母犬は子犬から離れて来て、僕の足のうしろにおおかみのように潜んでいたのだ。 エミリー・ブロンテ/大和資雄訳『嵐が丘』より引用
  • メス犬は子犬を複数生んだが、その内の一匹を除いて全て死産となった。
  • 八太郎が子犬を二匹拾つて来たことは、すぐに村中の評判になりました。 豊島与志雄『犬の八公』より引用
  • 彼はぱっと明るくなるような笑顔の持ち主で、まるで子犬のようだった。 乙一『GOTH リストカット事件』より引用
  • 部屋は明るく静かで、礼子も僕もそして子犬も何の声も出さなかった。 大崎善生『孤独か、それに等しいもの』より引用
  • 本当に、ボールを投げられた子犬のように、はりきって出かけていった。 伊岡瞬『いつか、虹の向こうへ』より引用
  • 男が帰ってきたのを聞きつけたらしく、数匹の子犬が庭の方から走ってきた。 貴志祐介『黒い家』より引用
  • 一年生の女の子が、子犬を抱いたままドクロちゃんにけ寄って未ます。 おかゆまさき『撲殺天使ドクロちゃん』より引用
  • 次へ »