子女

全て 名詞
1,946 の用例 (0.02 秒)
  • 多くの家の子女は追々に人生幸福の真の意味を理解するであろうと思う。 柳田国男『木綿以前の事』より引用
  • 最上流の階級の子女でなければ持つことのできないものばかりなのだ。 海音寺潮五郎『天と地と(四)』より引用
  • これらの対策のため在外勤務者子女教育懇談会を結成し会長に就任した。
  • 併し、この両親はともに子女の教育にはあまり意を用いなかったらしい。 プーシキン/中村白葉訳『大尉の娘』より引用
  • かなめは三年ほど前まで、ニューヨークで暮らしていた帰国子女きこくしじょだった。 賀東招二『フルメタル・パニック!03 揺れるイントゥ・ザ・ブルー』より引用
  • 現代の子女がどんな刺戟に生きているかを、明治時代の頭では案じ得ぬ。 夢野久作『東京人の堕落時代』より引用
  • アデルの子であることが証明されていない子女は以下のとおりである。
  • 目的として帰国子女の子供が日本語を忘れないようにすることが挙げられる。
  • 彼女は他の日本人家庭の子女と異なり、日本人学校へは通っていない。 近藤紘一『妻と娘の国へ行った特派員』より引用
  • これがそのなかでも知識に餓ゑてゐる青年子女のおかれてゐる運命です。 岸田国士『泉』より引用
  • 彼は四十人に近い側妾そばめをもち、その女たちに五十余人の子女を生ませた。 松本清張『鬼火の町 新装版』より引用
  • 例えば江戸時代の郭には貧乏人の子女が売られていったものと言われる。
  • 彼女たちの多くは経済的にはさほど問題のない中流家庭の子女なのだ。 井田真木子『プロレス少女伝説』より引用
  • もちろん親である本人と子女の各々生年月日を比較することが第一である。
  • 一年間掛けて帰国子女問題を取り扱った学校道徳番組も本作が最初である。
  • 人生の半分以上を海外で暮らしていた帰国子女であるため、英語が得意である。
  • 私はこれまで何人かの帰国子女たちから、似たような話を聞いた。 小池真理子『猫を抱いて長電話』より引用
  • すると、まずやってきたのはドイツからの帰国子女である島田美波さん。 井上堅二『バカとテストと召喚獣 3.5』より引用
  • しかし良家の子女が、ひとりであんな場所に佇立たたずんでいるのはおかしい。 吉川英治『べんがら炬燵』より引用
  • 男は夫としての権利も父としての権利も妻及び子女に対して取ることが出来なかった。 与謝野晶子『私の貞操観』より引用
  • 次へ »