子供らしい

848 の用例 (0.01 秒)
  • 今まで彼の面上にこれ程素直な子供らしい影が現われたことがあろうか。 金史良『光の中に』より引用
  • おかしいことがあっても、子供らしく大きく口を開いて笑うことがない。 藤沢周平『暁のひかり』より引用
  • そして子供らしい恐怖に打たれて、なんでも家の方へ帰ろうと言出した。 島崎藤村『芽生』より引用
  • も一つ言へば自然の真似をしてみたい子供らしい考へもあるのであらう。 室生犀星『故郷を辞す』より引用
  • この父はさういふ儀式がひどく好きな、子供らしいところのある人だつた。 神西清『母たち』より引用
  • あなたの今面白いとおっしゃったのは、その子供らしい感情からですか。 小林一三『宝塚生い立ちの記』より引用
  • 何処となく子供らしい甘へるやうな言葉付が彼の心を惹いたのであった。 池宮城積宝『奥間巡査』より引用
  • 有體ありていに言へば、私は女といふものに初めて子供らしい情熱を感じました。 島崎藤村『幼き日』より引用
  • あの年齢では、赤い石を恐れていたほうが子供らしいというものではないか。 三浦綾子『続泥流地帯 草のうた』より引用
  • いかにも子供らしい頭の働き方が、手にとるようにわかるではありませんか。 クイーン/田村隆一訳『Yの悲劇』より引用
  • 六三郎は小作りの子供らしい男なので、十八の春に初めて前髪を剃った。 岡本綺堂『心中浪華の春雨』より引用
  • それはある娘を対象とした、私の子供らしいしかも激しい情熱でした。 梶井基次郎『梶井基次郎全一巻』より引用
  • 子供らしい子供はブランコ乗って遊んでるって勝手に決めればいいのよ。 橋本治『桃尻娘』より引用
  • 子供らしいと云われる事かも知れないが必ず左様あるべきなのである。 宮本百合子『追憶』より引用
  • その点、文学者のやり方は、全く子供らしく素朴なものなのであります。 小林秀雄『考えるヒント 3』より引用
  • 夫人はこの子供らしい質問の前に母らしい得意の色を見せた。 夏目漱石『明暗』より引用
  • ウィルの声にはてきぱきした、子供らしくない決断のひびきがあったのだ。 クーパー『(闇の戦い2)みどりの妖婆』より引用
  • のみならず、現実を信じるとはいったいなんという子供らしいことだろう。 モーパッサン/杉捷夫訳『ピエールとジャン』より引用
  • ああ、その子供らしいお顔の表情は、なんとういういしいことでしょう。 オウィディウス/田中秀央・前田敬作訳『転身物語(下)』より引用
  • そのうち、この店の子供らしい中学生の男の子が学校から帰ってきた。 東海林さだお『タコの丸かじり』より引用
  • 次へ »