子供たち

21,066 の用例 (0.02 秒)
  • これは子供たちが戦争中疎開してさまざまの地方で生活した結果である。 宮本百合子『今日の日本の文化問題』より引用
  • その花の名をわたしは知らないけれど子供たちには馴染なじみの深い花である。 ツルゲーネフ・イワン『はつ恋』より引用
  • そこにも子供たちは男女を合わせて二十人くらいもいるにはいたのだった。 有島武郎『卑怯者』より引用
  • その子供たちの一人が帰ってくると、キミ子はその方へ行ってしまった。 豊島与志雄『女客一週間』より引用
  • 子供たちはまた林の中のいろいろなけ道を私に教えてくれようとした。 堀辰雄『美しい村』より引用
  • まちからは、こんどは、人間にんげん子供こどもたちが毎日川まいにちかわあそびにやってきました。 小川未明『赤い魚と子供』より引用
  • 子供たちにあんな大金を持たせるのは、いい事じゃないと思いますがね。 太宰治『春の枯葉』より引用
  • そして子供たちを腹這はらばいに寝させて、自分もからだを低くしているのだ。 ルナール・ジュール『博物誌』より引用
  • 母親がするのを聞いたとおりに真似まねて、子供たちに話しかけようとした。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • そして田舍の女房子供たちまでも、お前といつしよのことを知つてゐる。 葛西善蔵『蠢く者』より引用
  • 私は教へてゐる子供たちを叱らうとすると自分の方が先きに泣き出します。 伊藤野枝『遺書の一部より』より引用
  • おちかは話の内容を女中や子供たちに聞かれたくはなかつたのである。 島木健作『第一義の道』より引用
  • そして子供たちの進むべき勝利の道をわれわれの腕で開いてやった。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • 稲ちゃんは二十五日に子供たちをつれて、無理をして保田へゆきました。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • もう今では崖の下の海で、晴れ間を見て子供たちが海水浴を始めている。 黒島伝治『海賊と遍路』より引用
  • 二人の子供たちをつれて小旅行にでも出られる年になることたのしみです。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • 村の子供たちは、秋になると桑の葉に小さな青虫がつくのを知っている。 佐藤垢石『桑の虫と小伜』より引用
  • そして、子供こどもたちのはなしを、いまは、じっときいていられたのであります。 小川未明『ペスをさがしに』より引用
  • 他の子供たちは何がひびくのか芳正君を馬鹿にして遊んでやらなかった。 倉田百三『光り合ういのち』より引用
  • 子供たちは、じぶんたちが、ながく遊びすぎたことにも気がつきました。 新美南吉『狐』より引用
  • 次へ »