子供が駄々をこね

7 の用例 (0.00 秒)
  • デパートの中で子供が駄々をこねて泣くような、あんな感じの泣き方だった。 口有介『ぼくと,ぼくらの夏』より引用
  • 小さな子供が駄々だだをこねているようなものだった。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第15巻』より引用
  • 口にする言葉は支離滅裂で、怒っているようにも悔やんでいるようにも、あるいは子供が駄々をこねているようにも聞こえた。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 08 祭囃し編かけら&TIPS』より引用
  • 山岡はまるで子供が駄々だだをこねているようだった。 半村良『邪神世界』より引用
  • 子供が駄々をこねたので負んぶしてやると、こんどは「抱っこしてくれ」と言う。 青木雨彦『ことわざ雨彦流』より引用
  • まるで子供が駄々をこねてるみたいだった。 金子達仁『28年目のハーフタイム』より引用
  • 利彦のキイキイ声のなかには、どこかねつい、子供が駄々をこねて地団駄を踏むような、あるいはギリギリと歯ぎしりをするような、一種、異様なヒステリックなひびきがあった。 横溝正史『金田一耕助ファイル04 悪魔が来たりて笛を吹く』より引用