子供

全て 名詞
134,444 の用例 (0.02 秒)
  • 結婚が子供を保護しても貧乏で家のない子供達が数千人ゐるではないか。 ゴールドマン・エマ『結婚と恋愛』より引用
  • 彼の子供の時、彼の姉が彼にお前は牝牛めうしのやうな眼をしてゐると言つた。 芥川竜之介『翻訳小品』より引用
  • そこにも子供たちは男女を合わせて二十人くらいもいるにはいたのだった。 有島武郎『卑怯者』より引用
  • まだ子供とはいいながら日本人にあとをつけられるのは気味の悪いものだ。 岡本かの子『豆腐買い』より引用
  • 子供等はかえってそんな事には敏感で悲しい場合が多いと私は思います。 伊藤野枝『成長が生んだ私の恋愛破綻』より引用
  • けれども一家を不安にしたものは必しも子供の喧嘩ばかりではなかった。 芥川竜之介『玄鶴山房』より引用
  • 私は教へてゐる子供たちを叱らうとすると自分の方が先きに泣き出します。 伊藤野枝『遺書の一部より』より引用
  • 子供はまだ涙で一杯になった眼で、真紅まっかな脣をいたまま彼を見ている。 魯迅『幸福な家庭』より引用
  • 葉子の顔には自分のした事に対して子供のような喜びの色が浮かんでいた。 有島武郎『或る女』より引用
  • 其の上に委員会の通信は子供達が酷く疎略にされてゐる事を明かにした。 ゴールドマン・エマ『死んだ魂』より引用
  • さぶちゃんは村の子供達の総大将となって学校への往復を独裁していた。 犬田卯『橋の上』より引用
  • その年齢は十二、三歳以下の子供か、または四十以上の男女を多しとす。 井上円了『欧米各国 政教日記』より引用
  • 子供の私には良いこと悪いこととの区別が大人ほどはっきり判らなかった。 上村松園『棲霞軒雑記』より引用
  • 何処となく子供らしい甘へるやうな言葉付が彼の心を惹いたのであった。 池宮城積宝『奥間巡査』より引用
  • 子供はと見ると、もう車から七、八間のところを無二無三にけていた。 有島武郎『卑怯者』より引用
  • イチロはもうあなたのお考えになっているような子供さんではありません。 岡本かの子『母子叙情』より引用
  • 六十何歳かの老芸術家は、涙の中に笑ひながら、子供のやうにうなづいた。 芥川竜之介『戯作三昧』より引用
  • といって、太い両足を子供かなにかのようにバタバタさせるのであった。 海野十三『棺桶の花嫁』より引用
  • 六十何歳かの老芸術家は、涙の中に笑いながら、子供のようにうなずいた。 芥川竜之介『戯作三昧』より引用
  • そこには又まる裸の子供が一人、こちらへ顔を向けて横になっていた。 芥川竜之介『玄鶴山房』より引用
  • 次へ »

子供 で始まる単語