子を育てる

105 の用例 (0.00 秒)
  • しかもその子の親はね、こんな子を育てることはできないっていうんだ。 三浦綾子『続・氷点』より引用
  • 職も住むところもない無一文の俺達が、どうやってあの子を育てるんだ? 新堂冬樹『忘れ雪』より引用
  • そういう男ほど他人の子を育てさせられてしまう危険を免れるだろう。 竹内久美子『浮気人類進化論 きびしい社会といいかげんな社会』より引用
  • この辺境でただひとり、二人の子を育ててきた女の眼は絶対に確かなのだ。 菊地秀行『吸血鬼ハンター12a D-邪王星団1』より引用
  • でも子を育て明日の食べ物を考える生活は人の自然の営みだと知りました。 池上永一『テンペスト2 花風の巻』より引用
  • あの子を育てるのはミセス・リンドでなくて、わたしじゃありませんか。 モンゴメリ/中村佐喜子訳『赤毛のアン』より引用
  • しかしいずれにしても子を育てるのはパートナーということになるだろう。 竹内久美子『あなたの知らない精子競争 BCな世界へようこそ』より引用
  • ここは子育ての記事なので様々な年齢の子を育てることについて解説する。
  • 二年前に妻に死なれて、男手で二人の子を育てているという話だった。 平岩弓枝『湯の宿の女』より引用
  • 親の投資とは一匹の親が現在の子を育てるのに用いるあらゆる資源を指す。
  • どこの世界に自分の子を殺されて、その犯人の子を育てるバカがある? 三浦綾子『氷点』より引用
  • わたしがあの子を育てているのは、義務などではないんだよ。 乙一『失踪HOLIDAY』より引用
  • 産むにしても大抵一人の子に限られ二人の子を育てて居るのは甚だ稀である。 与謝野寛『巴里より』より引用
  • 丘や川の氾濫原などに浅い穴を掘って巣を作り、子を育てていたと思われる。
  • 彼女は男の子と女の子が何人もいるから、わたしたちでいちばん下の子を育てたらと思うのよ。 アレティーノ/結城豊太訳『ラジオナメンティ』より引用
  • 生まれてくる子を育てることの喜びも楽しみも、無残に奪われてしまったのだ。 三浦綾子『細川ガラシャ夫人』より引用
  • 夫は自分の子ではないというよほどの確証がない限り、その子を育てざるを得ないだろう。 竹内久美子『浮気人類進化論 きびしい社会といいかげんな社会』より引用
  • そして人は、自分の子を育てることによって、子ども一般を知るのではないか。 小林道雄『翔べ! はぐれ鳥』より引用
  • その後彼女の母は、旭川で茶道と活花の師匠をしながら三人の子を育てた。 三浦綾子『続泥流地帯 草のうた』より引用
  • 子を育てる苦労を考えたら私などどんな事をしたって較べものにならない程楽をする訳だ。 神谷美恵子『神谷美恵子日記』より引用
  • 次へ »