嬉しそうに眺め

27 の用例 (0.00 秒)
  • 観光地らしく電車の中から嬉しそうに眺めている家族もあった。 高橋克彦『蒼い記憶』より引用
  • そういう時、私が手酌でさかずきを重ねているのを、母は嬉しそうに眺めていた。 福永武彦『海市』より引用
  • 太郎はぼろぼろの布のようなものを拾い上げ、嬉しそうに眺めている。 森永あい『原作/塚本裕美子 著 山田太郎ものがたり たのしいびんぼう』より引用
  • 彼は現在、自分の右手に浮かんだ紋様を嬉しそうに眺めていた。 成田悪悟『FAKE/states night』より引用
  • 嬉しそうに眺めていた男が、カイルロッドの首にかかっている指輪に手を伸ばした。 冴木忍『カイルロッドの苦難 1 旅立ちは突然に』より引用
  • 猫に乾いたペットフードを与えて、それを食べる姿をうれしそうに眺めていたのだ。 今野緒雪『マリア様がみてる 08 いとしき歳月(後編)』より引用
  • 実は娘の習った画を嬉しそうに眺めて、やがて町を散歩して来ると言ってひとりで出て行った。 島崎藤村『家』より引用
  • 彼は、細君のほうをうれしそうにながめながら、眼鏡をかけ直した。 モーム/中野好夫訳『月と六ペンス』より引用
  • レインボーはこの短いやりとりを嬉しそうに眺めていたが、そのあと二人と一緒に事務室にもどった。 ナポレオン・ソロ・シリーズ『14 犯罪王レインボー』より引用
  • 驚くぼくの顔を、彼はうれしそうにながめていた。 村松剛『三島由紀夫の世界』より引用
  • 十何年という歳月が一気にかけ戻ったように夫婦が笑いながら話しているのを、嘉助が嬉しそうに眺めている。 平岩弓枝『御宿かわせみ 25 宝船まつり』より引用
  • 憂夜さんが眉をひそめ、塩谷さんはなぜかへらへらと嬉しそうに眺めている。 加藤実秋『インディゴの夜 全4話』より引用
  • いつまでも君がそれを眺めてるし、しかも嬉しそうに眺めてるので、俺は不思議に思って、何をそんなに感心しているのかと、尋ねてみた。 豊島与志雄『囚われ人』より引用
  • 彼女は新聞で包んだ皿を出して、嬉しそうに眺めた。 ロレンス/吉田健一訳『息子と恋人 上巻』より引用
  • 真剣な眼の色で語る吉哉を進一は嬉しそうに眺めた。 平岩弓枝『鏨師』より引用
  • 権爺はそんな歳相応の振舞いを、まるで自分が遊んでいるかのように嬉しそうに眺めている。 半村良『産霊山秘録 上の巻』より引用
  • それを嬉しそうに眺めながら長助がいった。 平岩弓枝『御宿かわせみ 30 鬼女の花摘み』より引用
  • 久しぶりに肩を並べて歩きながら、ぽんぽんいい合っている二人を、長助が後から嬉しそうに眺めている。 平岩弓枝『御宿かわせみ 30 鬼女の花摘み』より引用
  • 文字を綴るぼくをうれしそうに眺め、窓際のパイプ椅子いすに腰かける。 野村美月『文学少女シリーズ15 “文学少女”と恋する挿話集4』より引用
  • ノエルおっかさんは、私の食欲を嬉しそうに眺めていた。 ヴィドック/三宅一郎訳『ヴィドック回想録(2)』より引用
  • 次へ »