嫌疑不十分で不起訴

14 の用例 (0.00 秒)
  • 翌年、3件の民事訴訟と1件の刑事告発はすべて嫌疑不十分で不起訴処分となった。
  • 共同通信の報道によると、この事件の際には書き込んだ内容が名誉棄損的な内容ではなく、侮辱的書き込みであったために、書き込んだ者のみが処罰され、管理人側には幇助罪が適用されることはなく嫌疑不十分で不起訴処分となっている。
  • 嫌疑不十分で不起訴処分となった吉川を除く4人が7月21日に恐喝未遂罪で起訴された。
  • 同年11月23日に女は共謀や殺意の面で立証が困難として、嫌疑不十分で不起訴処分となり釈放された。
  • この事件では、被害者Aの交際相手で同棲していた元会社員Bが殺人と現住建造物等放火の容疑をかけられていたが、横浜地検は1998年6月に嫌疑不十分で不起訴処分の判断をした。
  • また、元交際相手の男の知人は被害女性の家族の車にGPSを取り付けた行為について、殺人を助けたとして殺人幇助罪で7月30日に逮捕されたが、8月20日に嫌疑不十分で不起訴処分となった。
  • 地下鉄サリン事件・東京都庁小包爆弾事件・会社員VX殺害事件・被害者の会会長VX襲撃事件・公証人役場事務長逮捕監禁致死事件で起訴されたが、駐車場経営者VX襲撃事件については嫌疑不十分で不起訴処分とされた。
  • また同日、木村と元太陽興産社長らに対する脱税告発も嫌疑不十分で不起訴となった。
  • 東京地方検察庁は2010年10月25日、長官狙撃事件への関与を認めて殺人未遂容疑で告発されていた男を嫌疑不十分で不起訴にした。
  • ダンプ運転手は業務上過失致死罪と道路交通法違反で現行犯逮捕されたが、12月28日に検察はダンプ運転手を嫌疑不十分で不起訴処分とした。
  • 同年12月27日には、弁護士らが元艦長Xと航海科員を証拠隠滅罪・虚偽公文書作成罪で横浜地検に告発したが、嫌疑不十分で不起訴となっている。
  • 容疑者は当初は容疑を認めていたが、起訴の可否を判断する段階で以下の点がネックとなり、2013年1月11日に精神鑑定、同年5月21日に処分保留、同年7月24日に富山地検は「複数の疑問点がある」として嫌疑不十分で不起訴処分とした。
  • 民主党が佐藤を政治資金規正法違反容疑で告発し、特捜部は佐藤を収賄容疑で立件することも検討したが、2004年12月、嫌疑不十分で不起訴処分とした。
  • 同年11月2日、奈良地検が、草薙への情報漏示罪で精神科医を起訴し、草薙は嫌疑不十分で不起訴となる。