嫌疑を掛け

37 の用例 (0.00 秒)
  • それも普通、犯人という者は、誰かに嫌疑を掛けさせるように細工をする。 福永武彦『加田伶太郎全集』より引用
  • あらぬ嫌疑を掛けられた秘書は、隣町の教会にいたブラウン神父に助けを請う。
  • そんな彼が、専務が持つ内部機密情報流失の嫌疑を掛けられて解雇処分になる。
  • 脱出作戦の途中、嫌疑けんぎを掛けられるような事態になった時、言い訳の伏線を張ったつもりである。 富野由悠季『オーラバトラー戦記 05 離反』より引用
  • 忠張は忠真とは従兄弟であったため、このときに敵方に言葉を掛けられるという事があったが、忠張は嫌疑を掛けられぬようこれに返答しなかった。
  • この頃マーロウは無神論者の嫌疑を掛けられていた。
  • 市民はこれを喜んだが、ケッペルは嫌疑を掛けれられたことに嫌気が差し、司令官を辞任してしまった。
  • 山の上の加治木城があまりに不便であった為とも、この時期の築城が江戸幕府に嫌疑を掛けられたためともいわれている。
  • ある日、コハクはミルキ夫人との不義の嫌疑を掛けられ、夫人とともに処刑されてしまう。
  • 野党の候補はベトナム人民軍と共謀するという嫌疑を掛けられる恐れがあり、嫌疑が掛けられた場合には死刑に処せられた。
  • この事件はモリアーティの手下の一人であるポーロックがホームズに殺人計画を手紙で告発しているが、この事件においても、モリアーティはホームズ以外の人物から嫌疑を掛けられることはなかった。
  • 翌1997年に入ると、独禁法違反の嫌疑を掛けられていながらもソニーを始めとするメーカー各社の圧力は強まった。
  • ノーサンバランド伯も共謀の嫌疑を掛けられ、その後16年間をロンドン塔の監獄で過ごす事になる。
  • そうこうするうちに、ラース・ワウのドレイク・ルフトから、嫌疑けんぎを掛けられても弁明の余地がないほど時間を経てしまったのだ。 富野由悠季『オーラバトラー戦記 02 戦士・美井奈』より引用
  • 短命ながら活力に満ちた地球人こそが銀河系の新たな開拓者にふさわしいと考えていた博士だったが、皮肉にも博士自らが開発したヒューマンフォーム・ロボットこそが開拓者にふさわしいという声が反地球派から上がり、その為に博士が自らジャンダーを破壊したという嫌疑を掛けられていたのである。
  • 嫌疑を掛けられれば、誰もが返す正常な反応だろう。 竜騎士07『うみねこのなく頃に Episode 1 The Legend of the Golden Witch [A3879D13]』より引用
  • この飛行機による復員で、美濃部は後に国際法違反の嫌疑を掛けられたが、「全ての武装を撤去した上での復員であった」と釈明し不問となっている。
  • しかし、フランチェスコは神の存在など信じておらず、村の娘たちに魔女の嫌疑を掛けて「神の意志」を振りかざし、己の欲望のままに陵辱することだけを思い描きつつ、村へと足を踏み入れたのであった。
  • 彼がおうむ返しに言ったのは、疑いもなく、根が穏やかで誠実な人間だったからであるが、しかし、カールとしては、アメリカの官憲と渡り合うのがもとよりこれが初めてのことでもあり、そうしたおうむ返しを早くもなんらかの嫌疑を掛けていることの表われと見なさずにはいられなかった。 カフカ/谷友幸訳『アメリカ』より引用
  • この問題に際し、彼は抑留時、意図的に誤った翻訳をしたのではないかという嫌疑を掛けられ、国会で証人喚問を受けるなど、精神的に追い込まれた。
  • 次へ »