嫌疑で検挙

5 の用例 (0.00 秒)
  • ブラックガールの嫌疑で検挙されたのだから、ひとにも言えぬ恥かしい取調べを受けたのだが、処女と判ればもう疑いの余地はなかったのだ。 織田作之助『土曜夫人』より引用
  • 田村はもと左翼劇団の演出家であり戯曲のほかに小説も書き、劇壇より文壇で有名であったが、思想運動の嫌疑で検挙され、保釈出獄以来執筆は許されず、匿名で「演劇集団」の演出をしているのだった。 織田作之助『夜の構図』より引用
  • どこここの官立大学の学生が治安維持法違反の嫌疑で検挙されたとか、召喚されたとか、甚しいのになると御丁寧にも検挙される予定だとかいう、事実記事や予報記事までがあまりデカデカと新聞に載り過ぎるので、世間ではそんなものは日常茶飯事だというように思い込んで了う。 戸坂潤『社会時評』より引用
  • その後、白骨団や民衆自決団などの政治ヤクザが国会への抗議デモを行い、1952年5月に臨時首都となっていた釜山一円に戒厳令を布告し、国会議員多数が国際共産党関連嫌疑で検挙され、国会議事堂周辺を警察や政治ヤクザが包囲する中、1952年7月4日に圧倒的賛成多数で可決されて成立した。
  • 六月六日、まず社長秘書と商工省化学局肥料二課硫安係主任技官津田信英が贈収賄の容疑で検挙されたが、引続き、十五日に、もう一人の社長秘書が津田技官への贈賄嫌疑で検挙、更に翌日は、商工省肥料第一課長が収賄の疑いで検挙された。 松本清張『日本の黒い霧(上)』より引用