嫌疑が掛け

11 の用例 (0.00 秒)
  • しかし、ほとんどのドイツ軍司令官に対してはこの戦争犯罪の嫌疑が掛けられなかった。
  • しかし知人は処分せず、自分の店で飾っていた事から展示品が違法品ではないかとの嫌疑が掛けられ、立件された。
  • しかし、扇動者としての嫌疑が掛けられて、苦境に陥っていた。
  • 野党の候補はベトナム人民軍と共謀するという嫌疑を掛けられる恐れがあり、嫌疑が掛けられた場合には死刑に処せられた。
  • なお、『今昔物語集』等を根拠として、頼時自身は反乱の首謀者ではなく蝦夷反乱に同調しようとしたとの嫌疑が掛けられたことに伴うものである等の見解が出されている。
  • 植民地では、1764年の砂糖法や1765年の印紙法に違反して告訴された者は海事裁判所に掛けられることになっており、嫌疑が掛けられた者が無実を証明できるまでは有罪と考えられていた。
  • SCOの主張の根拠となったUNIXの著作権は最終的にはSCOではなくノベルに帰属するとの判決を法廷は下したが、ノベルはSCOとは対照的に「侵害の嫌疑が掛けられる者」に対して同著作権を行使することに全く興味が無く、またはその意思を一切持たなかった。
  • その理由は、神道、仏教、何れでもない教義を説き、「お水」を治病行為に使用していたことから、キリシタンとの嫌疑が掛けられたからである。
  • 更にはゴルシーコフ家の赤ん坊が死亡して可哀想だとか、マルコフに関して二人が意見を対立させたり、マカールの友人のゴルシーコフが業務上横領の嫌疑が掛けられて懲戒免職となるが、裁判で無罪放免となるといった話も書かれている。
  • なお、この第7戦は賭博に絡んだ八百長疑惑が持ち上がっており、最後にナショナルズにボールを与えてしまったフィリップにも、その嫌疑が掛けられている。
  • 村上ショージの件については、フジテレビ警察でネタにされ、「隠蔽罪」の嫌疑が掛けられた。