嫌疑がかかり

20 の用例 (0.00 秒)
  • だからあなたに嫌疑がかかってはいけないと考えて、姿を消したんです。 ガードナー/池央耿訳『緋の接吻』より引用
  • 伏せたままにしておけば自分たちに嫌疑がかかるじゃあありませんか。 ホーガン『巨人たちの星』より引用
  • きょうは外から人がきていないから、いやでもこの部屋にいた者に嫌疑がかかる。 三浦綾子『塩狩峠』より引用
  • きょうは外から人が来ていないから、いやでもこの部屋にいた者に嫌疑がかかる。 三浦綾子『塩狩峠 道ありき』より引用
  • たとえば事件が起きて数力月ほどたってから、ある男に嫌疑がかかったとします。 ドイル/鈴木幸夫・鮎川信夫・齊藤重信『シャーロック・ホームズ全集(上)』より引用
  • あの怪我の姿のまま情報料をもらえば、一番最初に嫌疑がかかるのはやつらだ。 垣根涼介『ヒート アイランド』より引用
  • 召使かほかの無実の人間に嫌疑がかかるのをあなたはおそれたのです。 クリスティ/小西宏訳『パーカー・パイン2』より引用
  • 嫌疑がかかったっていいじゃないか、逃げ出す必要がどこにあるんだ。 大倉燁子『黒猫十三』より引用
  • だが、若い刑事の態度から考えて、何らかの嫌疑がかかっていることは確かである。 佐竹一彦『警視庁公安部』より引用
  • その密貿易に、幕府の嫌疑がかかりそうになったと見たのです。 泡坂妻夫『乱れからくり』より引用
  • 晩年になり真偽は不明であるが公金1万両を流用したとする嫌疑がかかった。
  • わたしたちがはじめて会ったときは、泥棒にだけ嫌疑けんぎがかかったわけではありませんよ。 スタンダール『赤と黒』より引用
  • そうすればそいつに嫌疑けんぎがかかるというわけですね。 横溝正史『刺青された男』より引用
  • 当然、その側にいた自分に盗人の嫌疑がかかったに相違ない。 吉川英治『宮本武蔵』より引用
  • ところがこの時までに彼は既に八つの犯罪を行って来たのであったが、その一つも彼に嫌疑がかかっていなかった。 浜尾四郎『殺人狂の話』より引用
  • 死因は痛風と似ておるからそなたに嫌疑がかかることはない。 池上永一『テンペスト2 花風の巻』より引用
  • 国井弘が殺されて、当然自分に嫌疑けんぎがかかることを避けられないと覚悟していたのであろうか。 森村誠一『日本アルプス殺人事件』より引用
  • 自分に嫌疑がかかるなんて、考えてもみませんでした。 クリスティ/松本恵子訳『ゴルフ場殺人事件』より引用
  • ご立派な上流社会のだれさまかに嫌疑けんぎがかかってはいけないというんで、アリバイを証明しようとしなかったからじゃないのか? O・ヘンリー/大久保康雄訳『O・ヘンリ短編集』より引用
  • その上でダンジェロの遺言にまで気づかれては、私に嫌疑がかかるのは時間の問題だろう。 三雲岳斗『旧宮殿にて』より引用