嫌疑がかかっている

18 の用例 (0.00 秒)
  • だが、若い刑事の態度から考えて、何らかの嫌疑がかかっていることは確かである。 佐竹一彦『警視庁公安部』より引用
  • いえいえ、彼に嫌疑がかかっているわけではありませんよ。 有栖川有栖『海のある奈良に死す』より引用
  • それじゃドーブレックに嫌疑がかかっているのかな? ルブラン/山辺雅彦訳『水晶の栓』より引用
  • Socialist という嫌疑がかかっているということが知れては何処でもつかって呉れる処はありそうに思われなかった。 田山花袋『トコヨゴヨミ』より引用
  • 被害者の身許も知れず、又犯人の手掛りもつかないのですが、この運転手が当夜自動車へ乗せたという婦人に嫌疑がかかっているのです。 松本泰『日蔭の街』より引用
  • 線路へ突き落として自殺に見せかけたあの麻薬中毒の娘に今までの殺人の嫌疑がかかっているので、今度はナイフを残しておくわけには行かない。 赤川次郎『マリオネットの罠』より引用
  • あの男には、赤羽根橋で異人を斬った嫌疑がかかっている。 藤沢周平『回天の門』より引用
  • それを思うと迚も怖しくって今まで申上げられませんでしたが、何も御存じない、あんなお優しい善良な博士に嫌疑がかかっていると聞きましたので、もう黙ってはいられないと私も決心をいたしました。 大倉燁子『鷺娘』より引用
  • 日本では一度身柄を拘束された後に逃亡すると逃走の罪であり、犯罪嫌疑がかかっていることが明らかな人間の逃亡の手助けをすると犯人隠匿罪に該当する。
  • クラリーチェ嬢にも嫌疑がかかっている。 三雲岳斗『旧宮殿にて』より引用
  • そればかりか、この噂にはおまけヽヽヽがついていて、サンテールがその前日解雇した大隊の忠誠心に嫌疑がかかっている、ということだった。 アレクサンドル・デュマ/鈴木豊訳『赤い館の騎士(中)』より引用
  • もしも、はっきり口では言わずに、ホービュリー夫人に嫌疑がかかっていることを、相手に察しさせることができれば結構ですね。 クリスティ/松本恵子訳『機上の死』より引用
  • もちろん、クローニンは、嫌疑がかかっていることを、直接にも間接にもフィールドにさとられるようなへまはしなかった。 クイーン/石川年訳『ローマ劇場毒殺事件』より引用
  • 「ひょっとしたら、すでに危険を感じて、姿を消したのだろうか」そんな考えが一瞬与志の頭に浮んだが、伊丹に嫌疑がかかっているならいざ知らず、いま姿を消せば、いたずらに自らの有罪を証明するようなものだ。 辻邦生『天草の雅歌』より引用
  • 二、三日の間に、新聞の見解とか自分達に嫌疑がかかっているかが分かるから、それから夜陰に乗じて、グレイブズエンドかダウンズあたりに停泊している船まで行く。 ドイル/鈴木幸夫・鮎川信夫・齊藤重信『シャーロック・ホームズ全集(上)』より引用
  • スターリンがオフラーナに協力していたという確かな証拠はいまだ見つかってはおらず、メディアが出版したオフラーナによる嫌疑がかかっているスターリンに関する2、3の報告書は、捏造されたものと見られている。
  • 捕卒がふみこんで来た時から、もう気が顛倒てんとうして物の判別を失くしていた許宣は、邵大尉庫中の盗賊と云われて、はじめてじぶんに重大な嫌疑がかかっていることを悟った。 田中貢太郎『蛇性の婬 』より引用
  • 「はあ、奥さん、実は、あなたに浜谷ワカ子と村瀬妙子の殺人容疑と、岩瀬幸雄殺しの共犯者の嫌疑がかかっているんです」 「わたくしがでございますか」多加子はおどろきも見せないで言った。 松本清張『高台の家』より引用